vRealize Network Insight Cloud では、Azure VMware Solution (AVS) に展開されている vCenter Server と NSX-T を追加できます。

注: vRealize Network Insight Cloud は、AVS SDDC に接続されているネイティブの Azure コンポーネントをサポートしていません。

vRealize Network Insight Cloud での Azure VMware ソリューションの構成

Azure VMware Solution (AVS) に展開されている vCenter Server および NSX-T についての判断材料を入手するには、vRealize Network Insight Cloud に vCenter Server と NSX-T を追加する必要があります。

vCenter Server を追加

Azure VMware ソリューション用の vCenter Server を追加するには、VMC on AWS - vCenter Server データ ソースを使用する必要があります。VMware Cloud on AWS vCenter Server に対するクラウド管理者権限があることを確認します。

  1. vRealize Network Insight Cloud ユーザー インターフェイスで、[設定] > [アカウントとデータ ソース] > [ソースの追加] の順に移動します。
  2. [VMware Cloud on AWS] で、[VMware Cloud on AWS - vCenter Server] をクリックします。
  3. [VMware Cloud on AWS - VMware vCenter の追加] 画面で、以下の手順を実行します。
    1. コレクタ仮想マシンを選択します。
    2. vCenter Server の FQDN/IP アドレスを指定します。
    3. vCenter Server サーバのユーザー認証情報を入力します。
  4. [検証] をクリックします。
  5. データ ソースの [ニックネーム][メモ](ある場合)を入力し、[送信] をクリックします。

NSX-T Manager の追加

vCenter Server を追加したら、NSX-T Manager を追加する必要があります。NSX-T Manager を追加する方法については、 VMware NSX-T Manager の追加を参照してください。
注: vRealize Network Insight Cloud で Azure VMware Solution の NSX-T Manager データ ソースを追加する場合、 [遅延メトリックの収集を有効にする] チェック ボックスを選択しないでください。 vRealize Network Insight Cloud は、Azure VMware Solution の機能をサポートしていません。

[遅延メトリックの収集を有効にする] チェック ボックスを選択した場合、NSX-T 遅延コレクタが構成されていません というメッセージが表示されます。アラートを無効にするか、NSX-T Manager データ ソースを編集して [遅延メトリックの収集を有効にする] の選択を解除できます。

次の手順

データ収集が開始したら、vRealize Network Insight Cloud でデータ ソース関連の情報を確認できます。エンティティの詳細については、エンティティの詳細の表示を参照してください。