vRealize Network Insight Cloud では、仮想マシン間パスにハードウェア VTEP を表示できます。

現在、 vRealize Network Insight Cloud は次のシナリオをサポートしています。
  • 送信元仮想マシンと宛先仮想マシンが異なる VXLAN および異なるホストに配置されている場合の、ハードウェア VTEP を経由する仮想マシン間パス。
  • 送信元仮想マシンと宛先仮想マシンが同じホストで異なる VXLAN に配置されている場合の、ハードウェア VTEP を経由する仮想マシン間パス。
  • スイッチがホストに直接接続されている場合の、仮想マシンのアンダーレイ トポロジ内にあるハードウェア VTEP。
注: Arista スイッチ SSH をデータ ソースとして vRealize Network Insight Cloud に追加する場合は、Arista スイッチの SSH を設定するために VMware NSX Manager を使用したときと同じ IP/FQDN を使用する必要があります。そうしないと、仮想マシン間パスにハードウェア VTEP が表示されません。

また、仮想マシンとインターネットの間でハードウェア VTEP が使用可能な場合は、仮想マシン トポロジ、および仮想マシンからインターネットへのパスにもハードウェア VTEP を表示できます。

送信元仮想マシンと宛先仮想マシンが同じ VXLAN に配置されている場合、ハードウェア VTEP 経由の仮想マシン間パスはサポートされません。

ハードウェア VTEP を経由する仮想マシン間パスの例を以下に示します。

送信元仮想マシンと宛先仮想マシンが別のホストに配置されている場合の、ハードウェア VTEP を経由する仮想マシン間パス。
送信元仮想マシンと宛先仮想マシンが同じホストに配置されている場合の、ハードウェア VTEP を経由する仮想マシン間パス。