vRealize Network Insight Cloud では、VMware SD-WAN 環境の仮想マシン間パスを表示できます。

vRealize Network Insight Cloud は次のシナリオをサポートしています。

  • IP アドレス間のパス:両方の IP アドレスを VMware SD-WAN Edge の背後の VLAN に直接配置する必要があります。
  • IP アドレスからインターネット/IP アドレスから不明な IP アドレス:送信元 IP アドレスを VMware SD-WAN Edge の背後の VLAN に直接配置する必要があります。
    注: インターネット IP アドレスまたは不明な IP アドレスは、 vRealize Network Insight Cloud で検出されない IP アドレスです。
  • 仮想マシンから IP アドレス、IP アドレスから仮想マシン、または仮想マシン間のパス:
    • サポートされるのは、NSX/NSX-T データセンター内の仮想マシンのみです。VMware Cloud on AWS、Amazon Web Services、Azure 内の仮想マシンはサポートされません。
    • VMware SD-WAN Edge は、VLAN を介してデータセンター内の物理/仮想ルーターに接続する必要があります。
  • 注:

    ソース VMware SD-WAN Edge とターゲット VMware SD-WAN Edge に設定された VMware SD-WAN Gateway が異なる場合は、ソース VMware SD-WAN Edge のゲートウェイ経由でパスが表示されます。

    VMware SD-WAN Edge 間のブランチとブランチを接続する VPN が VMware SD-WAN クラスタを経由する場合、このクラスタのすべてのメンバーがパスに表示されます。

次に、VMware SD-WAN の仮想マシン間パスの例をいくつか示します。