Dell OS10 スイッチでテレメトリを有効にすると、Dell スイッチでバッファ統計情報とトラッキングを統合することができます。

前提条件

Dell スイッチの追加

スイッチから要求を受信すると、vRealize Network Insight コレクタは定義されたポート上でパケットを保存するか、バッファリングします。

出力速度と比較して入力速度が大きいためにバッファ サイズが増加している場合は、要求の速度が低下するか、タイムアウトになることがあります。Dell OS10 スイッチは、gRPC を使用してこのようなメトリック情報を取得します。この情報は vRealize Network Insight で確認できます。これにより、ネットワークの輻輳が原因で発生した可能性があるアプリケーションのパフォーマンスの問題を診断できるようになり、輻輳がアプリケーションとネットワークに与える影響もプロアクティブに確認できます。

手順

  • Dell OS10 スイッチで次のコマンドを実行します。
    telemetry
    enable
    !
    destination-group dg03
     destination vRNI Collector IP 50000
    !
    subscription-profile sp03
     sensor-group bgp
     sensor-group buffer
     sensor-group device
     sensor-group environment
     sensor-group interface
     sensor-group lag
     sensor-group system
     destination-group dg03
     encoding gpb
     transport grpc no-tls
     source-interface ethernet1/1/1

結果

vRealize Network Insight コレクタは、Dell OS10 スイッチから次のテレメトリ情報を収集します。
  • per-port egress unicast queues
  • per-port egress multicast queues
  • per-port egress service pool
  • per priority group ingress shared headroom
  • per service pool ingress

次のタスク

次のいずれかのクエリを実行します。
  • show ports where metric > X in time range
  • show switches where metric > X in time range
  • port show metrics in time range
  • swicth show metrics in time range
  • show switches where at least one port metric > X in time range

それぞれのイベントがトリガされます。例:SwitchPort Buffer Threshold Exceeded Event

また、Interface Peak Buffer Utilization メトリックを検索して、要求速度が低下した理由を特定することもできます。