ServiceNow をデータ ソースとして vRealize Network Insight Cloud に追加して、アプリケーションと階層の詳細を取得できます。ServiceNow 構成管理データベース (CMDB) は、ソフトウェアおよびハードウェア インフラストラクチャに関する情報や、データセンター内のアイテム間の関係に関する詳細なデータを提供するもので、インベントリの管理に有用です。ServiceNow 統合を使用すると、vRealize Network Insight Cloud によって ServiceNow CMDB で使用可能なアプリケーションが検出され、直接 vRealize Network Insight Cloud に追加することができます。

前提条件

データ ソースを追加するには、管理者権限が必要です。

手順

  1. [設定] 画面で、[アカウントとデータ ソース] をクリックします。
  2. [ソースの追加] をクリックします。
  3. [CMDB] で、[ServiceNow ] を選択します。
  4. [データ ソースの追加] 画面で、以下の詳細を指定します。
    フィールド名 説明
    コレクタ仮想マシン ServiceNow のホスト URL
    IP アドレス/FQDN IP アドレスまたは FQDN の詳細を入力します。
    ユーザー名 このデータ ソースに使用するユーザー名を入力します。
    注: 追加する予定のユーザーは、ServiceNow の 管理者 または 読み取り専用管理者 である必要があります。
    パスワード パスワードを入力します。
    Web プロキシ (オプション) ドロップダウン メニューから Web プロキシを選択します。
    注: [Web プロキシ (オプション)] は、 vRealize Network Insight Cloud で Web プロキシを構成している場合のみ表示されます。
  5. [検証] をクリックします。
    検証が成功しました というメッセージが表示されます。
  6. カスタマイズされた CMDB 設定を追加するには、以下の手順を実行します。
    1. [CMDB 設定のカスタマイズ] を選択します。
    2. [ダウンロード] をクリックして、デフォルトの構成ファイルをダウンロードします。
    3. ファイルのプロパティを更新します。CMDB 構成のカスタマイズを参照してください。
    4. [データ ソースの追加] 画面で、更新された JSON ファイルを参照して選択します。
  7. データ ソースのニックネームを入力し、必要に応じて説明のメモを追加します。
  8. [送信] をクリックします。

次のタスク

ServiceNow データ ソースを追加すると、ServiceNow CMDB で使用可能なアプリケーションが vRealize Network Insight Cloud によって検出されるので、これを vRealize Network Insight Cloud に追加します。詳細については、検出されたアプリケーションの追加を参照してください。