コンテナ エンティティのスコーピングを実行して、vRealize Network Insight Cloud でフロー情報を表示できます。

Tanzu Kubernetes Grid Integrated Edition および Kubernetes のフロー情報

vRealize Network Insight Cloud は、Kubernetes エンティティに関する次のフロー タイプをサポートしています。
  • 仮想マシンから Kubernetes ポッド
  • Kubernetes ポッドからポッドへ
  • 宛先が Kubernetes ポッド
  • 送信元が Kubernetes ポッド
これらのフロー タイプを使用して、特定の Kubernetes エンティティを検索できます。

たとえば、flows where flow type = x で、x にいずれかのフロー タイプを指定します。

vRealize Network Insight Cloud は、コンテナの送信元と宛先の詳細、およびそのエンティティの詳細を含む、すべてのエンティティのメトリック、時系列、関係などのフロー情報を提供できます。

また、[フロー分析] ダッシュボードで Kubernetes クラスタ、名前空間、サービス、およびノード別に上位エンティティを表示できます。

Kubernetes エンティティの計画とマイクロセグメンテーション

[セキュリティのプラン] 画面で、スコープおよびマイクロセグメントとして Kubernetes クラスタ、Kubernetes サービス、Kubernetes 名前空間、または Kubernetes ノードを選択すると、特定の Kubernetes エンティティ タイプについて計画できます。また、アプリケーションのデータを計画または分析し、Kubernetes エンティティに基づいてグループ分けを定義して、アプリケーションのフロー情報を表示することもできます。

さらに、[セキュリティのプラン] 画面では、Kubernetes エンティティに関連する推奨ファイアウォール ルールをマイクロセグメントから YAML 形式でエクスポートすることもできます。
注: アプリケーション スコープに仮想マシンまたは仮想マシン メンバーが含まれている場合は、YAML 形式でアプリケーション スコープをエクスポートすることはできません。アプリケーションにコンテナ エンティティのみが含まれている場合は、YAML 形式へのエクスポートを使用できます。