vRealize Network Insight Cloud では、インターネット経由で接続している場合、他のエンティティ(データ ソース、クラウド サービス プラットフォームなど)に接続するように Web プロキシを構成できます。

vRealize Network Insight Cloud で Web プロキシを追加、編集、削除できます。
注: この機能は、次のデータ ソースでサポートされています。
データ ソース Web プロキシ (HTTP) Web プロキシ (HTTPS)
VMware SD-WAN はい はい
ServiceNow はい はい
Amazon Web Services はい はい
Microsoft Azure はい なし
VMware Cloud on AWS NSX Manager はい はい
注: Web プロキシを有効にするには、データ ソースを編集し、 [Web プロキシ (オプション)] ドロップダウン メニューから Web プロキシを選択する必要があります。

サポート対象 Web プロキシ

vRealize Network Insight Cloud では、次のタイプの Web プロキシを追加できます。
  • HTTP および HTTPS で認証されていない Web プロキシ
  • 基本認証を使用する HTTP および HTTPS で認証されている Web プロキシ
  • CLI を使用した場合のみ NTLM 認証がサポートされる HTTP Web プロキシ
    注: CLI を使用する NTLM 認証ベースの Web プロキシをプラットフォーム仮想マシンに設定すると、このプラットフォーム仮想マシンはクラウド サービス プロバイダ (CSP) と通信できなくなります。これは、現在、NTLM Web プロキシを使用した CSP との通信がサポートされていないためです。

Web プロキシの追加

  1. [設定] > [Web プロキシ] > [Web プロキシの追加] の順に選択します。
  2. [Web プロキシの追加] ウィンドウで、次の手順を実行します。
    オプション アクション
    タイプ ドロップダウン メニューから Web プロキシのタイプを選択します。
    IP アドレス/FQDN 追加する Web プロキシの IP アドレス/FQDN を入力します。
    ポート Web プロキシで使用されているポート番号を入力します。
    ニックネーム Web プロキシのニックネームを入力します。
  3. (オプション) [認証情報を使用] チェック ボックスを選択して、ユーザー名、パスワード、および認証方法を指定します。
  4. [送信] をクリックします。

Web プロキシの編集および削除

Web プロキシを編集するには、次の手順を実行します。
  1. [設定] > [Web プロキシ] の順に選択します。
  2. [Web プロキシ] 画面で、編集する Web プロキシの横にある編集アイコンをクリックし、必要に応じて情報を変更します。
  3. [送信] をクリックします。
注: CLI を使用して追加された Web プロキシを編集することはできません。
Web プロキシを削除するには、次の手順を実行します。
  1. 削除する Web ブラウザの横にある削除アイコンをクリックします。
    注: 削除する Web プロキシの [接続されたエンティティ] の数がゼロであることを確認します。 [接続されたエンティティ] の数が 1 以上である場合は、次の手順に進む前に、エンティティを別の Web プロキシに移行する必要があります。
  2. [アクションの確認] ウィンドウで、[削除] をクリックします。

Web プロキシのコレクタの移行

コレクタをバージョン 6.1 に移行する前に、CLI を使用してコレクタに Web プロキシを設定したり、フラグ isHttpProxyEnabled = TRUE を設定したりすると、6.1 に移行した後に、Web プロキシを介してアクセス可能なすべてのデータ ソースがシームレスに動作するようになります。これは、データ ソース構成に Web プロキシの詳細が自動的に適用されるためです。

注: コレクタをバージョン 6.1 に移行しているときに、CLI を使用してコレクタに Web プロキシを設定したり、フラグ isHttpProxyEnabled = FALSE を設定したりすると、移行後に Amazon Web Services と Microsoft Azure のデータ ソースが動作しなくなる場合があります。 [アカウントとデータ ソース] 画面で、Amazon Web Services と Microsoft Azure の両方のデータ ソースに対して Web プロキシを選択する必要があります。詳細については、 サポート対象のパブリック クラウド アカウントを参照してください。