Cisco ASR/ISR ルーターは、SD-WAN 評価の目的でのみ vRealize Network Insight Cloud データ ソースとして追加が可能です。vRealize Network Insight Cloud は、Cisco ASR/ISR ルーターを他の目的でのデータ ソースとしてサポートしません。

vRealize Network Insight Cloud は、SD-WAN 評価の目的でのみ、次のバージョンの Cisco ASR/ISR をサポートしています。
バージョン / モデル サポートされる OS OS バージョン
ASR 1K、ISR4K、CSR1Kv、ISR1K Cisco IOS XE Software 16.07.01

前提条件

以下のことを確認します。

  • Enterprise ライセンスを保有しています。
  • データ ソースとそのバージョンが vRealize Network Insight Cloud でサポートされています。詳細については、『サポート対象の製品とバージョン』を参照してください。
  • データ ソースが vRealize Network Insight Cloud でサポートされている VMware Ports and Protocols に従っています。詳細については、VMware Ports and Protocolsを参照してください。

手順

  1. [設定] > [アカウントとデータ ソース] の順に移動します。
  2. [ソースの追加] をクリックします。
  3. [WAN][Cisco ASR/ISR (SD-WAN 評価)] をクリックします。
  4. [新しい Cisco ASR/ISR アカウントまたはソースの追加] 画面で、次の情報を指定します。
    オプション アクション
    コレクタ仮想マシン ドロップダウン メニューからコレクタ仮想マシンを選択します。
    IP アドレス IP アドレスの詳細を入力します。
    注: このデータ ソースは、FQDN を使用して追加することはできません。このデータ ソースを追加するには、IP アドレスの詳細を入力する必要があります。
    ユーザー名 ユーザー名を入力します。
    パスワード パスワードを入力します。
  5. [検証] をクリックします。
  6. [SNMP バージョン] ドロップダウン メニューから、[2C] を選択します。
  7. [コミュニティ ストリング] テキスト ボックスに、コミュニティ文字列を入力します。
  8. 各アップリンク インターフェイスを MPLS またはインターネットにマッピングします。アップリンク インターフェイスをマッピングするには、各 [インターフェイス名] に対するドロップダウン メニューをクリックし、適切なオプションを選択します。
    デフォルトでは、 vRealize Network Insight Cloud はすべてのアップリンク インターフェイスを取得してリストします。
  9. [ニックネーム] テキスト ボックスにニックネームを入力します。
  10. [サイト][リージョン] テキスト ボックスに適切なサイトとリージョン名を入力します。
  11. (オプション) [メモ] テキスト ボックスには、必要に応じてメモを追加できます。
  12. [送信] をクリックします。

次のタスク

  1. ISHPUBLMODULEMISSING.html#GUID-FB6FB7E4-EDAA-4F7D-B274-22080137D54A
  2. Cisco ASR/ISR を構成して vRealize Network Insight Cloud Collector に NetFlow 情報を送信するようにします。NetFlow の構成の詳細については、物理デバイスでの NetFlow コレクタの構成を参照してください。
    注: SD-WAN 評価のための十分なフロー情報を収集するには、約 4 時間かかります。
  3. [SD-WAN 評価の詳細の表示] 画面に移動し、SD-WAN 評価の詳細を確認します。