vRealize Network Insight Cloud で、検索を使用してアラートを定義できます。検索を実行するたびに、検索結果に基づいてアラートを作成するオプションが表示されます。

ユーザーが作成したすべてのアラートは、検索ベースのアラートとして分類されます。検索ベースのアラートは、以前はユーザー定義のイベントと呼ばれていました。
注: 既存の vRealize Network Insight Cloud ユーザーが vRealize Network Insight Cloud でユーザー定義のイベントを構成している場合に、 vRealize Network Insight Cloud バージョン 6.1 にアップグレードすると、 [アラートの定義] 画面にすべてのユーザー定義イベントが表示されます。イベント タイプに基づいて、 [アラートの定義] 画面の [問題] タブまたは [変更] タブでイベントを見つけることができます。

手順

  1. 検索結果ウィンドウの右上隅にある [アラートの定義] アイコン () をクリックします。
  2. [アラートの定義] ページで、次の操作を実行します。
    オプション アクション
    名前 アラートの一意の名前を入力します。
    検索クエリ アラートの検索条件を表示します。
    次の場合にアラートを生成 アラートを生成するタイミングを選択します。
    定義タイプ アラートタイプを選択します。
    重大度 このフィールドでは、アラートの重要度を指定します。次の値を設定できます。
    • 最重要
    • 中程度
    • 警告
    • 情報
  3. 通知の送信方法を構成するには、[アラート通知] チェック ボックスを選択して、次の操作を実行します。
    オプション アクション
    E メールの頻度 通知を受信する頻度を選択します。
    メール アドレス 通知を受信する場合は、メール アドレスを入力します。
    SNMP トラップ先 ドロップダウン リストでトラップ先を選択します。

    最大 4 つのトラップ先を選択できます。

  4. [送信] をクリックします。