vCenter Servers をデータ ソースとして vRealize Network Insight Cloud に追加できます。

複数の vCenter Servers を vRealize Network Insight Cloud に追加して、データの監視を開始できます。

前提条件

  • vCenter Server の事前定義ロールには、root レベルで割り当てられた、子ロールに伝達が必要な次の権限が必要です。
    • System.Anonymous
    • System.Read
    • System.View
    • Global.Settings
  • IPFIX の設定と使用には、次の vCenter Server 権限が必要です。
    • Distributed Switch:変更およびポート設定操作
    • dvPort グループ:変更およびポリシー操作
      注: IPFIX は、VMware ESXi の次のバージョンでサポートされています。
      • 5.5 Update 2(ビルド 2068190)以降
      • 6.0 Update 1b(ビルド 3380124)以降
      • VMware VDS 5.5 以降
  • 仮想マシン間のパスを特定するには、データセンター内のすべての仮想マシンに VMware Tools をインストールする必要があります。
vCenter Server でのロールの詳細については、『 vSphere セキュリティ ガイド』を参照してください。

手順

  1. [vCenter Server の追加] をクリックします。
  2. [新しいソースの追加] をクリックし、オプションをカスタマイズします。
    オプション アクション
    コレクタ仮想マシン ドロップダウン メニューからコレクタ仮想マシンを選択します。
    注: コレクタごとに最大 10 台の vCenter Server を追加できます。
    IP アドレス/FQDN vCenter Server の IP アドレスまたは完全修飾ドメイン名を入力します。
    ユーザー名 次の権限を持つユーザー名を入力します。
    • [Distributed Switch]:変更
    • [dvPort グループ]:変更
    パスワード vCenter Server システムにアクセスするための vRealize Network Insight Cloud ソフトウェアのパスワードを入力します。
  3. [検証] をクリックします。

    検出された仮想マシンの数が、プラットフォームまたはコレクタ ノードのキャパシティを超えている場合、検証に失敗します。プラットフォームのブリック サイズを増やすか、クラスタを作成するまでは、データ ソースを追加することはできません。

    フローがある場合とない場合の各ブリック サイズの指定されたキャパシティは、次のようになります。
    ブリック サイズ 仮想マシン フローの状態
    6 k 有効
    10 k 無効
    3 k 有効
    6 k 無効
  4. IPFIX を有効にするには、[この vCenter Server での Netflow (IPFIX)] を選択します。
    IPFIX の詳細については、Distributed Switch および DVPG での IPFIX 設定の有効化に関するセクションを参照してください。
    注: vCenter Server と VMware NSX Manager の両方で IPFIX を有効にすると、 vRealize Network Insight Cloud は、関連付けられた vCenter Server で一部の DVPG で IPFIX を無効にして、フローの冗長性を自動的に検出して削除します。
  5. 高度なデータ収集ソースを vCenter Server システムに追加します。
  6. vCenter Server システムを追加するには、[送信] をクリックします。
    vCenter Server システムがホーム画面に表示されます。