vRealize Network Insight では、Cisco ASA をデータ ソースとして追加できます。

前提条件

有効化モードでの切り替え権限が必要です。ユーザーのパスワードは、Cisco ASA の有効化モードで使用されるものと同じである必要があります。

手順

  1. [設定] 画面で、[アカウントとデータ ソース] をクリックします。
  2. [ソースの追加] をクリックします。
  3. [ファイアウォール] グループで [Cisco ASA] をクリックします。
  4. [新しい Cisco ASA アカウントまたはソースの追加] 画面で、次の情報を指定します。
    オプション アクション
    コレクタ(プロキシ)仮想マシン ドロップダウン メニューからコレクタ仮想マシンを選択します。
    IP アドレス/FQDN IP アドレスまたは FQDN の詳細を入力します。
    ユーザー名 ユーザー名を入力します。
    注: ユーザーは、ターミナルの長さを 0 に設定し、セキュリティ コンテキストを切り替えるための有効化モード権限を持っている必要があります。
    パスワード パスワードを入力します。
    注: Cisco ASA の有効化モードで使用したパスワードと同じパスワードを確実に入力します。
  5. (オプション) より高度なデータ収集を有効にするには、[SNMP の使用(高度なデータ収集に推奨)] チェック ボックスをクリックします。
  6. [検証] をクリックします。
  7. [ニックネーム] テキスト ボックスにニックネームを入力します。
  8. (オプション) [ノート] テキスト ボックスには、必要に応じてメモを追加できます。
  9. [送信] をクリックします。