vSphere 環境の Distributed Switch は、IPFIX を使用してフロー情報をエクスポートするように設定できます。フロー監視は、Distributed Switch に接続されたすべてのポート グループで有効にする必要があります。パケットが Distributed Switch のポート X に到着し、ポート Y から送信されると、ポート Y でフロー監視が有効な場合は対応するフロー レコードが生成されます。

セッションの完全な情報を分析するには、両方向のパケットに関する IPFIX データが必要です。次の図では、仮想マシン-A が DVPG-A との接続を介して 仮想マシン-C と通信しています。DVPG-A が提供するのは C→A パケットに関するデータのみで、DVPG-Uplink は A→C パケットに関するデータを提供します。A のトラフィックの完全な情報を取得するには、IPFIX を DVPG-A と DVPG-Uplink で有効にする必要があります。

vRealize Network Insight プロキシ仮想マシンには、IPFIX フロー情報用の組み込みのコレクタ/レシーバがあります。IPFIX の情報収集は、vCenter Server のデータ ソース設定で、さまざまな詳細度レベルを使用して有効にできます。