vRealize Network Insight Cloud のリモート Syslog サーバは、[Syslog 設定] 画面を使用して設定できます。

コレクタのリモート Syslog サーバはそれぞれ異なる可能性がありますが、クラスタ内のすべてのプラットフォーム サーバは同じリモート Syslog サーバを使用します。

最新リリースでは、vRealize Network Insight Cloud の問題アラートとプラットフォームまたはコレクタの Syslog は、リモート Syslog サーバに送信されます。

現在 vRealize Network Insight Cloud は、vRealize Network Insight Cloud サーバとリモート Syslog サーバ間の通信で UDP のみをサポートしています。そのため、リモート Syslog サーバが、UDP 経由の Syslog トラフィックを受け入れるように設定されていることを確認してください。

Syslog を構成するには

  1. [設定] 画面で、[Syslog 設定] をクリックします。

    [Syslog 設定] 画面には、設定済みの Syslog サーバと、仮想アプライアンスへのマッピングが表示されています。この画面に初めてアクセスする際、Syslog はデフォルトで無効になっており、この画面のサーバ リストは表示されません。

  2. Syslog サーバを追加するには、次の手順を実行します。
    1. [サーバを追加] をクリックします。
    2. サーバの IP アドレス、ニックネーム、およびポート番号を入力します。UDP の標準ポート番号は 514 です。
    3. 設定をテストするには、[テストログの送信] をクリックします。
    4. [送信] をクリックします。
    5. これが、初めて追加するサーバである場合は、画面の最上部にある Syslog を有効にします。
  3. サーバをプラットフォームとコレクタにマッピングするには、次の手順を実行します。
    1. [マッピングの編集] をクリックします。
    2. すべてのプラットフォームおよびコレクタ用の Syslog サーバを選択します。
    3. コレクタでもプラットフォームでも Syslog を有効にしない場合は、[サーバなし] オプションを選択します。
    4. [送信] をクリックします。
      注: 変更を行った後、それらが有効になるまで数分かかる場合があります。