vRealize Network Insight Cloud との通信を構築するには、VMware Cloud on AWS グループとファイアウォール ルールを作成する必要があります。

前提条件:

  • オンプレミスの場合、vRealize Network Insight Cloud プラットフォームとコレクタを展開します。クラウド サービスの場合、有効なサブスクリプションを取得します。
  • 必要な権限を持っていること。VMware Cloud on AWS - vCenter Server の追加およびVMware Cloud on AWS - NSX Manager の追加を参照してください。
  • NSX-T のネットワークを使用する VMware Cloud on AWS の Software-Defined Data Center (SDDC) バージョン 1.8 以降を展開します。
  • vRealize Network Insight Cloud プラットフォームとコレクタ間の通信用ファイアウォール ルールの構成
  • 受信トラフィックのポート要件については、VMware Ports and Protocolsを参照してください。
  • ファイアウォールの HTTPS ポート 443 によるコレクタから次のドメインへの通信を許可するようにします。
    • *.vmc.vmware.com
    • *.ni.vmware.com
    • *.ni-onsaas.com
  • VMware Cloud Services のドキュメントに従って CSP で制限付きアクセスを構成する場合は、次の IP アドレスをホワイトリストに登録して、リージョン固有の vRealize Network Insight Cloud と CSP 間の通信を許可する必要があります。
    リージョン IP アドレス
    AU 3.104.98.208
    CA 3.98.12.139
    DE 3.70.31.146
    JP 35.75.225.94
    US 44.241.36.197
    UK 18.168.184.20
    注: サービスへのアクセスに使用するブラウザ URL からリージョンを特定できます。たとえば、 https://ca.www.mgmt.cloud.vmware.com/ni という URL の場合は、 ca が CA(カナダ)リージョンを示します。同様に、 https://us.www.mgmt.cloud.vmware.com/ni という URL の場合は、 us が US リージョンを示します。

vRealize Network Insight Cloud プラットフォームとコレクタ間の通信用ファイアウォール ルールの構成

VMware Cloud on AWS でのファイアウォール ルールの構成では、次の作業を実行します。
  • vRealize Network Insight Cloud コレクタ用に VMware Cloud on AWS グループを作成します。
    1. https://vmc.vmware.com から VMware Cloud on AWS にログインします。
    2. [ネットワークとセキュリティ] タブで、[インベントリ] > [グループ] の順にクリックします。
    3. [グループ] カードで [コンピューティング グループ] をクリックしてから、[グループの追加] をクリックしてグループの [名前] を指定し、任意で [説明] を入力します。
    4. [メンバーを設定] をクリックし、[メンバーを選択] 画面を開きます。
    5. vRealize Network Insight Cloud コレクタ仮想マシンの詳細を指定します。

      後で作成するファイアウォール ルールでこのグループを使用して、VMware Cloud on AWS NSX Manager と vRealize Network Insight Cloud 間の通信を許可します。

  • ファイアウォール ルールを作成します。
    1. https://vmc.vmware.com から VMC コンソールにログインします。
    2. [ネットワークとセキュリティ] タブで、[ゲートウェイ ファイアウォール] をクリックします。
    3. [ゲートウェイ ファイアウォール] カードで、[コンピューティング ゲートウェイ] をクリックしてから、[ルールの追加] をクリックし、新しいルールの [名前] を入力します。
    4. 新しいルールのパラメータを入力します。
      • [ソース]vRealize Network Insight Cloud コレクタの IP アドレスを含む VMware Cloud on AWS グループの名前を入力します。
      • [宛先][任意] を選択します。
      • [サービス][HTTPS][DNS][DNS-UDP][NTP][ICMP] を選択します。
      • [アクション][許可] を選択します。
      • [適用先][インターネット インターフェイス] を選択します。

      • [ログ]:必要に応じてログを有効にします。必要でない場合、このフィールドは変更しません。

        新しいルールはデフォルトで有効になります。切り替えボタンを左にスライドして無効にします。

    5. [公開] をクリックします。

コレクタと NSX Manager、およびコレクタと vCenter Server 間の通信のためのファイアウォール ルールの構成

  1. https://vmc.vmware.com から VMC コンソールにログインします。
  2. [ネットワークとセキュリティ] タブで、[ゲートウェイ ファイアウォール] をクリックします。
  3. [ゲートウェイ ファイアウォール] カードで、[管理ゲートウェイ] をクリックしてから、[ルールの追加] をクリックし、新しいルールの [名前] を入力します。
  4. 新しいルールのパラメータを入力します。
    • [ソース]vRealize Network Insight Cloud コレクタの IP アドレスを含む VMware Cloud on AWS グループの名前を入力します。
    • [宛先][システム定義のグループ] を選択し、NSX Manager を検索して NSX Manager エントリを選択します。
    • [サービス][HTTPS (443)] を選択します。
    • [アクション][許可] を選択します。
    • [ログ]:必要に応じてログを有効にします。

      デフォルトでは、新しいルールは有効になっています。切り替えボタンをスライドして無効にします。

  5. [公開] をクリックします。
  6. 同じ手順を実行して、VMware vCenter Server のルールを構成します。
    注: 手順 4 の [宛先] フィールドでは、必ず [ VMware vCenter Server] を選択します。