vRealize Network Insight Cloud では、Juniper スイッチをデータ ソースとして追加できます。

前提条件

  • スイッチの root ユーザー アカウントは使用しないでください。
  • サポート対象の Juniper スイッチの詳細については、サポート対象の製品とバージョンを参照してください。

手順

  1. [設定] 画面で、[アカウントとデータ ソース] をクリックします。
  2. [ソースの追加] をクリックします。
  3. [ルーターとスイッチ] グループで、[Juniper EX/QFX] をクリックします。
  4. [新しいアカウントまたはソースの追加] 画面で、次の必須情報を指定します。
    オプション アクション
    コレクタ仮想マシン ドロップダウン メニューからコレクタ仮想マシンを選択します。
    IP アドレス/FQDN IP アドレスまたは FQDN の詳細を入力します。

    ユーザー名

    ユーザー名を入力します。

    パスワード

    パスワードを入力します。

  5. [検証] をクリックします。
    検証が成功しました というメッセージが表示されます。
  6. SNMP またはデータ収集を有効にするには、[SNMP を使用] を選択します。
  7. [ニックネーム] テキスト ボックスにニックネームを入力します。
  8. [ノート] テキスト ボックスには、必要に応じてメモを追加できます。
  9. [送信] をクリックします。