物理フロー コレクタを追加し、sFlow および NetFlow レコードをコレクタに送信するようにスイッチを設定することができます。

NetFlow または sFlow に使用するコレクタ仮想マシンは専用のコレクタになるため、他のデータ ソースに使用することはできません。
注: Cisco ASR/ISR(SD-WAN 評価)では、環境内に既存のデータ ソースがある場合は、別のコレクタを追加する必要があります。Cisco ASR/ISR(SD-WAN 評価)データ ソースのみを使用している場合は、別のコレクタは必要ありません。既存のコレクタ仮想マシンを NetFlow および sFlow の物理フロー コレクタとして使用できます。
他のデータ ソースをコレクタに追加しても、sFlow と NetFlow の物理フロー コレクタとして使用することはできません。

手順

  1. [設定] 画面の [アカウントとデータ ソース] をクリックします。
  2. [ソースの追加] をクリックします。
  3. [フロー]で、[物理フロー コレクタ (Netflow、sFlow)] をクリックします。
    sFlow は、物理コレクタでのみ受け入れられます。
  4. 必要に応じて、[ニックネーム][メモ] を入力します。
  5. [送信] をクリックします。

結果

注: vRealize Network Insight Cloud は sFlow のパケット サンプルを収集するため、フローの完全なメトリックは表示できません。

次のタスク

フローを物理フロー コレクタにプッシュするようにスイッチを設定します。
  • 宛先(vRealize Network Insight Cloud で追加したコレクタ IP アドレス)を定義します。
  • フロー コレクタのポートを設定します。
  • ポーリング間隔を割り当てます。
注: 設定手順は、設定するスイッチによって異なります。詳細については、実際のスイッチのドキュメントを参照してください。