vRealize Network Insight Cloud では、Juniper EVPN Centrally Routed Bridging (CRB) オーバーレイが非対称モードでサポートされています。CRB でのルーティングは、スパインに Anycast Gateway (AGW) が構成された 2 レイヤーのリーフ/スパイン ファブリックを使用して、中心となる場所で実行されます。AGW は、仮想マシンがパケットを送信するために使用されます。ここでは、ホストは VLAN から VXLAN へのブリッジが実行されるリーフに接続されます。

Juniper EVPN CRB の VLAN 間の仮想マシン間パスの例は、次のとおりです。

Juniper EVPN CRB の同一 VLAN の仮想マシン間パスの例は、次のとおりです。

Juniper EVPN CRB の仮想マシンとインターネット間のパスの例は、次のとおりです。