network-insight-sdk-python SDK を使用して、ネットワーク デバイスをデータ ソースとして vRealize Network Insight に一括追加できます。

追加できるデータ ソースは次のとおりです。

  • Cisco スイッチ
  • Arista スイッチ
  • Juniper スイッチ
  • Dell スイッチ
  • F5
  • Brocade スイッチ
  • Palo Alto Networks
  • Check Point ファイアウォール
  • Cisco ASA

前提条件

  • vRealize Network Insight コレクタ CLI にアクセスできる。
  • 次の形式のネットワーク デバイスのリストを含む CSV ファイルがある。

    "DataSourceType","IP","fqdn","Username","Password","CSPRefreshToken","NickName",
    "CentralCliEnabled","IPFixEnabled","SwitchType","ParentvCenter","IsVMC",
    "snmp_version","snmp_community_string","snmp_username","snmp_password",
    "snmp_auth_type","snmp_privacy_type","ProxyIP"
    "DataSource1","","Domain_name","username","<pwd>","",
    "nick_name_discovered_devices_1","","","","","","","","","","","","10.xx.xxx.xx"
    "DataSource2","10.1xx.xx.1x","","username","pwd","",
    " nick_name_discovered_devices_2","","","","","","","","","","","","10.xx.xx.xxx"
    

    この CSV ファイルを手動で作成することも、ネットワーク検出を実行してネットワーク内のデバイスを検出することもできます。詳細については、CLI コマンドによるネットワーク デバイスの検出を参照してください。

手順

  1. vRealize Network Insight コレクタ CLI に、サポート ユーザーとしてログインします。
  2. Ubuntu ユーザーに切り替えます。次のコマンドを実行します。
    ub
  3. /home/ubuntu ディレクトリに移動します。
    cd /home/ubuntu
  4. GitHub から network-insight-sdk-python SDK をダウンロードします。
    wget https://github.com/vmware/network-insight-sdk-python/archive/refs/heads/master.zip
  5. SDK のコンテンツを解凍し、ZIP ファイルを削除します。
    unzip master.zip && rm master.zip
  6. Python パスを /home/ubuntu/network-insight-sdk-python/swagger_client-py2.7.egg にエクスポートします。
    export PYTHONPATH=/home/ubuntu/network-insight-sdk-python/swagger_client-py2.7.egg
  7. SDK 内の examples ディレクトリに移動します。このフォルダには、一括追加操作を実行する datadata_addition.py スクリプトが含まれています。
    cd /home/ubuntu/network-insight-sdk-python/examples
  8. datasource_addition.py スクリプトを実行します。次のオプションを使用できます。
    オプション 必須 説明
    --deployment_type 必須 この操作の実行対象となる展開のタイプ(オンプレミスまたはクラウド)。
    --platform_ip 必須 デバイスを追加する vRealize Network Insight プラットフォームの IP アドレス。
    --username 必須 vRealize Network Insight ユーザー名。
    --password 必須 vRealize Network Insight パスワード。
    --data_sources_csv 必須 デバイスの詳細が記載されている CSV ファイルの場所。
    --domain_type オプション 認証のドメインのタイプ。受け入れられる値は、LOCAL、LDAP です。
    --domain_value オプション ドメインの名前。

    次に例を示します。

    python datasource_addition.py --deployment_type onprem --platform_ip vrni.example.com --username user@vmware --password mypassword --data_sources_csv /home/ubuntu/discovered_devices.csv
    python datasource_addition.py --deployment_type onprem --platform_ip vrni.example.com --username user@vmware.com --password mypassword --domain_type LDAP --domain_value vmware.com --data_sources_csv /home/ubuntu/discovered_devices.csv

    処理の結果を CLI で追跡できます。1 台または複数のデバイスで一括追加プロセスが失敗した場合は、エラーを修正して操作を再試行できます。詳細については、一般的なデータ ソースのエラーを参照してください。

次のタスク

[設定] > [アカウントとデータ ソース] 画面に移動して、vRealize Network Insight に追加されたデータ ソースを表示します。