OpenShift をデータ ソースとして追加して、OpenShift の詳細を vRealize Network Insight に取り込むことができます。

注: OpenShift とそれに対応する NSX-T Manager は、同じコレクタ仮想マシンに追加する必要があります。

前提条件

次のことを確認する必要があります。
  • データ ソースとそのバージョンが vRealize Network Insight でサポートされています。詳細については、『ISHPUBLMODULEMISSING.html#GUID-4BA21C7A-18FD-4411-BFAC-CADEF0050D76』を参照してください。
  • データ ソースが vRealize Network Insight でサポートされている VMware Ports and Protocols に従っています。詳細については、VMware Ports and Protocolsを参照してください。
  • vRealize Network Insight に NSX-T Manager を追加しています。

手順

  1. [設定] > [アカウントとデータ ソース] の順に移動します。
  2. [ソースの追加] をクリックします。
  3. [コンテナ] で [OpenShift] を選択します。
  4. [新しい OpenShift アカウントまたはソースの追加] 画面で、次の詳細を指定します。
    フィールド名 説明
    NSX-T Manager OpenShift の基盤となるネットワークをサポートする NSX-T Manager を選択します。
    コレクタ仮想マシン 選択した NSX-T Manager に関連付けられている、対応するコレクタ仮想マシンが、vRealize Network Insight によって自動的に選択されます。
    注: NetFlow コレクタとして追加されたコレクタ仮想マシンは、リストには表示されません。
    Kubeconfig [参照] をクリックし、Kubernetes クラスタの詳細を含む Kubernetes 構成ファイルをアップロードします。Kubeconfig 構成ファイルの形式の詳細については、Kubernetes のドキュメントを参照してください。
    注: Kubeconfig ファイルで設定されたユーザーには、 一覧表示監視 の権限が必要です。
  5. [検証] をクリックします。
  6. (オプション) [ニックネーム] テキスト ボックスにニックネームを入力します。
  7. (オプション) [メモ] テキスト ボックスには、必要に応じてメモを追加できます。
  8. [送信] をクリックします。

結果

vRealize Network Insight は OpenShift の詳細を取得できるようになりました。

次のタスク

詳細については、 Kubernetes の詳細の表示を参照してください。