パス トポロジは、環境内にある任意の 2 台の仮想マシン間の接続を詳細に表示します。

トポロジには、レイヤー 3 とレイヤー 2 の両方のコンポーネントが関与します。このトポロジは、vm_name_1 から vm_name_2 の検索クエリを使用して表示できます。パスがある場合は、仮想マシン間パスの視覚化により、vm_name_1vm_name_2 の間のすべてのコンポーネントがポピュレートされ、アニメーション化されたパスが描画されます。ルーターが物理の場合、それらのルーターは境界の外に表示されます。

パス トポロジでは、送信元と宛先の間の仮想マシン間パスが表示されます。仮想マシン間にデフォルトのパスが構成されていない場合、パスが定義されていない、またはルーター インターフェイスが見つからないことを通知するエラー メッセージが表示されます。

Kubernetes の場合、次のシナリオでパス トポロジにパスが表示されます。
  • Kubernetes サービスと Kubernetes サービスの間
  • Kubernetes サービスと Kubernetes ポッドの間
  • Kubernetes ポッドと Kubernete ポッドの間
    注: 物理デバイスを含むパスはサポートされません。
[ロード バランサを介したパス] オプションには、選択した送信元仮想マシンと宛先仮想マシンのパスの間で使用されるすべてのロード バランサが一覧表示されます。特定のロード バランサを介した仮想マシン間パスを表示するには、リストからロード バランサの名前を選択します。パス トポロジのロード バランサ コンポーネントの上にマウスを置くと、次の詳細が表示されます。
  • 仮想サーバ名
  • ロード バランサ IP アドレス
  • ポート番号
  • ロード バランサのアルゴリズム
  • ロード バランサから取得されたデフォルト ゲートウェイ。
ルーティング コンポーネントをパス トポロジで確認することもできます。

パスに関係するルーター、エッジ、または LDR にマウスを置くと、完全なルーティングまたは NAT の情報が表示されます。

仮想マシン パス トポロジの右側にある仮想マシンのアンダーレイ セクションには、関連する仮想マシンのアンダーレイ情報と、関連するラック スイッチおよびポートの上部への接続が表示されます。Kubernetes エンティティの場合は、仮想マシンのアンダーレイに、ポッドが配置されている仮想マシンまたは Kubernetes ノードの情報が表示されます。

仮想マシンのアンダーレイ セクションでは、コンポーネントがラベル付けされます([ラベルを表示][パスの詳細] の下)を選択した場合)。このセクションでは、上部のドロップダウン リストに、エンドポイントの仮想マシンと、エッジのアクティブな仮想マシンが表示されます。各エッジ仮想マシンについて、隣接するドロップダウン リストに入力方向と出力方向のインターフェイス IP アドレスが表示されます。選択内容に基づいて、その特定のインターフェイスのアンダーレイ パスが表示されます。

また、トポロジ マップ上部の矢印を使用して、パスの方向を反転することもできます。

トポロジ マップを使用すると、仮想マシン間パスに含まれるポートに関する可視性を高めることができます。[パスの詳細] セクションには、実際のポート チャネルの名前が表示されます。

注: 物理フロントでレイヤー 2 を完全に可視化することはできません。あるスイッチから別のスイッチにパケットが移動している場合は、複数のスイッチが関与している可能性があります。ただし、トポロジには、アンダーレイ ネットワークのスイッチは表示されません。