vRealize Network Insight では、Palo Alto Networks Panorama をデータ ソースとして追加することができます。

前提条件

次のことを確認する必要があります。

[Panorama] ユーザー インターフェイスで、次の手順を実行して XML API の管理者ロールを追加します。
  1. [Panorama] > [管理者ロール] の順に選択します。
  2. [追加] をクリックして新しい管理者ロールを追加します。
  3. [管理者ロール プロファイル] ウィンドウで、ロールに名前を入力し、[Panorama] を選択します。
  4. [Web ユーザー インターフェイス] タブをクリックし、すべてのエントリを無効にします。
  5. [XML API] タブをクリックし、[設定][操作要求] を除くすべてのエントリを無効にします。
  6. [OK] をクリックしてウィンドウを閉じます。

    新しい管理者ロールがリストに表示されます。

  7. [コミット] をクリックします。
  8. このロールを管理者アカウントに割り当てるか、新しいユーザーを作成して、このロールを新しいユーザーに割り当てます。
注: vRealize Network Insight は現在、デバイスで直接定義されているローカル Palo Alto Network ポリシーを取得しません。
注: vRealize Network Insight は、複数の NSX Manager との Palo Alto Panorama 統合をサポートしていません。

手順

  1. [設定] > [アカウントとデータ ソース] の順に移動します。
  2. [ソースの追加] をクリックします。
  3. [ファイアウォール] で、[Palo Alto Networks Panorama] をクリックします。
  4. [新しい Palo Alto Networks Panorama アカウントまたはソースの追加] 画面で、次の必須情報を指定します。
    オプション アクション
    コレクタ仮想マシン ドロップダウン メニューからコレクタ仮想マシンを選択します。
    IP アドレス/FQDN IP アドレスまたは FQDN の詳細を入力します。
    ユーザー名 ユーザー名を入力します。
    パスワード パスワードを入力します。
  5. [検証] をクリックします。
  6. 構成データ収集のポーリング間隔を定義します。ポーリング間隔を 10 分から 7 日に設定できます。
    • [事前設定] - 事前定義された時間セットから間隔を選択します。
    • [カスタム間隔] - 値を設定し、 [分][時間]、および [日] を選択します。
    • [固定スケジュール] - 日数を選択して時刻を設定し、間隔をスケジュール設定します。
  7. (オプション) [ニックネーム] テキスト ボックスにニックネームを入力します。
  8. (オプション) [メモ] テキスト ボックスには、必要に応じてメモを追加できます。
  9. [送信] をクリックします。