プラットフォーム仮想マシンはすべて、同じ L2/L3 セグメントに配置する必要がありますか。

いいえ。ただし、ノード間の遅延を縮小して、すべてのプラットフォーム ノードを共通のネットワーク上に配置することをお勧めします。これは、分散した多数のコンポーネントがノード間でデータをレプリケートすると、遅延が拡大することによってシステムのパフォーマンスや安定性の問題が発生することがあるためです。

製品内のアップグレード機能を使用してクラスタをアップグレードできますか。

オンライン アップグレードは、バージョンが 3.7 以前のクラスタではサポートされていません。3.8 以降のリリースでは、オンライン アップグレード方法を使用してクラスタをアップグレードできます。

クラスタの作成プロセスで障害が発生した場合の対処方法

クラスタの作成プロセスを開始する前に、プライマリ プラットフォームとプロキシのスナップショットを作成することをお勧めします。障害が発生した場合は、セカンダリ プラットフォーム ノードを削除し、スナップショットからプライマリ プラットフォームとコレクタ仮想マシンをリカバリします。

単一ノードの環境をクラスタに展開した場合の、既存のデータと構成への影響

すべてのデータと構成は変更なく保持されます。データは、クラスタの作成後にアクセスできます。

異なるリージョンでプラットフォーム仮想マシンを使用できますか。

いいえ。プラットフォーム ノードは同一のサイトに配置する必要があります。コレクタ サーバは、別のサイトに分散することができます。

vSAN ストレッチ クラスタ(2 つのデータセンター)でプラットフォームをホストすることはできますか。

はい。同じデータセンター内または複数のデータセンターにまたがって vSAN クラスタは、ローカル ストレージのように一定の I/O パフォーマンスを確保します。

クラスタ ノードを異なる vSAN クラスタにホストできますか。

はい。プラットフォーム クラスタの異なるノードを、別の基盤となるデータストアでホストすることができます。

プラットフォーム ノードをバックアップする必要はありますか。

はい。VMware が推奨するスナップショット/バックアップ テクノロジーを使用してバックアップを作成する必要があります。

あるリージョンのクラスタ コレクタ仮想マシンと別のリージョンにあるプラットフォーム仮想マシン クラスタ間の帯域幅を予測する方法

一部の大規模環境では、1 Mbps から 20 Mbps までの数が表示されていました。データがプラットフォーム仮想マシンに送信される前に、コレクタ仮想マシンには多くの重複排除または圧縮が発生します。

クラスタ ノード間のネットワーク トラフィック量

通常、トラフィックは、クラスタのサイズおよびデータセンター環境のタイプによって異なります。

3 ~ 5 万台の仮想マシンを持つインストールの場合︰
  • クラスタ間︰約 50 ~ 400 Mbps
  • コレクタとプラットフォーム間︰約 100 Kbps ~ 15 Mbps

クラスタ内のノード間で許容される最大の遅延

プラットフォーム ノードは、同じサイト内に共存している必要があります。このような場合、遅延は最小になります。プラットフォーム ノードが vSAN ストレッチ クラスタ(2 つのデータセンター)でホストされている場合、クラスタ内またはクラスタ全体の vSAN クラスタによって、ローカル ストレージなどの一定の I/O パフォーマンスが確保されます。vRealize Network Insight など、データセンターで実行されているアプリケーションは正常に動作します。異なる基盤のデータストアにある、プラットフォーム クラスタの異なるノードをホストできます。ただし、クラスタ内のすべてのプラットフォーム仮想マシンが同じサイト内に共存していることを確認する必要があります。

リージョンのコレクタ仮想マシンと別のリージョンにあるプラットフォーム仮想マシンの間で許容される最大の遅延

設定には、別の場所に分散したプロキシを含めることができます。コレクタ仮想マシンからプラットフォーム仮想マシンへの HTTPS 接続が存在するため、約数秒の長い遅延に対応できます。vRealize Network Insight はクラスタ内で最大 10 個のノード(フローありの仮想マシンは 3 万台、またはフローなしの仮想マシンは 5 万台)をサポートします。

コレクタ/プラットフォーム仮想マシンのサイズ

大規模なブリック構成の使用︰インストール ガイドを参照してください。