サポート バンドルの発行方法

vRealize Network Insight コマンドライン リファレンス ガイド』のサポート バンドルについてのセクションを参照してください。

XML API アクセス用に Palo Alto Networks Panorama の読み取り専用管理者ロールを作成する方法

XML API アクセス用の [管理者] ロールを追加するには以下の手順を実行します。
  1. [Panorama][→][管理者ロール] を選択します。
  2. [追加] をクリックし、管理者ロールを新規追加すると [管理者ロール プロファイル] ダイアログ ボックスが開きます。
  3. [管理者ロール プロファイル] ダイアログボックスで次の操作を実行します。
    1. ロールに名前を指定します(例:api-only-admin)。
    2. [ロール][Panorama]として選択します。
    3. [Web UI] タブですべてのエントリを無効にします。
    4. [XML API] タブで [コミット] を除くすべてのエントリを有効にします。
    5. [OK ] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じると、新しい [管理者ロール] が名前のリストに表示されます。
    6. [コミット] をクリックして、変更を Panorama にコミットします。
  4. この [管理者] ロールを管理アカウントに割り当てます。

サービスが共有されたと見なされるタイミング

次のポートは共有として構成されています。
プロトコル ポート
DNS 53
Bootpc 68
Kerberos 110
sunrpc 111
NTP 123
map 143
Imap3 220
SMTP 25
LDAP 389
IGMPv3Lite 465
Syslog 514
送信 587
syslog-conn 601
LDAPS 636
IMAPS 993
POP3S 995
NFS 2049
MSFT-GC 3268
MSFT-GC-SSL 3269

「証明書やキーなどのデータソース ID 情報が変更されました」というイベント/エラーがデータ ソースに表示されている場合の対処法

vRealize Network Insight が、製品に保存されている証明書とは異なる新しい証明書をデータ ソースから受信しています。vRealize Network Insight は、データ ソースによって提示された証明書を自動で受け入れます。このプロセスでは、古い証明書と新しい証明書をダウンロード可能なデータ ソース上のイベントを取得します。

vRealize Network Insight への DNS レコードのインポートの上限

DNS レコードのインポートの上限は次のとおりです。
  • Infobox DNS データ ソース:1 つのデータソースから 90 万レコードをインポートできます。
  • DNS レコードの手動インポート:複数の .csv または zip ファイルとしてパッケージされたバインド ファイルを使用して DNS レコードをインポートできます。インポートできるレコードの数に制限はありませんが、アップロードには次の制限があります。
    • 1 つの zip ファイル内のファイル数 – 25
    • 1 つの zip ファイルの最大サイズ – 10 MB