vRealize Network Insight はライセンス キーのタイプを複数サポートしています。vRealize Network Insight 機能は、これらのライセンス タイプに基づいて使用できます。

各ライセンス キーで使用可能な機能の詳細については、「ライセンス エディションに基づく機能の比較」を参照してください。

vRealize Network Insight 6.0 は、新しいライセンス キーを必要とするメジャー バージョンです。6.0 にアップグレードすると、NSX Enterprise Plus を除くすべてのライセンス キーが機能を停止します。新しいライセンス キーは MyVMware ポータルから取得できます。詳細については、 VMware のナレッジベースの記事 KB80358を参照してください。
注:
  • アップグレード中に新しいライセンス キーを追加しない場合は、7 日間の猶予期間が与えられます。また、アップグレードされたセットアップのユーザー インターフェイス画面を表示するたびに、新しいキーを追加するよう求める警告メッセージが表示されます。
  • Advanced 版の古いライセンス キーを新しい Enterprise 版のライセンス キーに置き換えた場合は、猶予期間を含む警告メッセージが継続的に表示されます。この警告メッセージを無効にするには、Advanced 版のライセンスを手動で削除します。

Advanced ライセンス

Advanced ライセンスは、限られた数の機能をサポートし、データ ソースをいくつか追加することができる、基本的なライセンス タイプです。

Enterprise ライセンス

VMware SD-WAN を除く vRealize Network Insight のすべての機能とデータ ソースをサポートします。

Universal ライセンス

Universal ライセンスは、オンプレミスと SaaS の機能を 1 つのライセンスに統合してクラウドの導入を促進するように設計された柔軟なライセンス タイプです。Universal ライセンスでは、オンプレミスも SaaS も同様の方法で柔軟に展開できます。再購入することなく、一貫性のあるハイブリッドおよびマルチクラウドの管理環境を実現できます。
注: vRealize Network Insight では、Enterprise ライセンスまたは Advanced ライセンスを Universal ライセンスと併用することはできません。ただし、 VMware SD-WAN および Assurance and Verification ライセンスは、Universal ライセンスと併用できます。

SD-WAN ライセンス

VMware SD-WAN をデータ ソースとして追加して vRealize Network Insight VMware SD-WAN 展開の情報を表示するには、 VMware SD-WAN ライセンスを追加する必要があります。バンド幅の異なる Edge をサポートするために、複数の VMware SD-WAN ライセンス キーを追加できます。
注:
  • VMware SD-WAN ライセンスでは、IPFIX なしの VMware vCenter Server、スイッチとルーター、Infoblox も追加できます。
  • VMware SD-WAN ライセンスは、スタンドアローンのライセンスとして追加することも、Enterprise ライセンスと併用することもできます。ただし、 VMware SD-WAN ライセンスは Advanced ライセンスと併用できません。

Assurance and Verification ライセンス

Assurance and Verification ライセンスはデバイスベースのライセンスであり、以下を実行できます。
  • vRealize Network Insight に追加された、サポートされるすべてのデータ ソースのネットワーク モデルを表示する。
  • ビジネス ポリシーに基づいてネットワークを設計、管理、検証する。
注:
  • ユーザーは Assurance and Verification ライセンスを使用することで、ルーターやスイッチなどのネットワーク デバイスを追加できます。VMware vCenter Server や NSX Manager などのデータ ソースを追加することはできません。
  • Assurance and Verification ライセンスは、スタンドアローンのライセンスとして追加することも、Enterprise ライセンスと併用することもできます。ただし、Assurance and Verification ライセンスは Advanced ライセンスと併用できません。vRealize Network Insight で Advanced ライセンスを使用している場合に、Assurance and Verification ライセンスを追加しようとしても、処理が停止することはありません。ただし、[ライセンスと使用量] 画面に Advanced キーを削除するように求める警告メッセージが表示されます。

ライセンス使用量の計算

vRealize Network Insight ライセンス使用量は、次の比率に基づいて計算されます。

オブジェクト 説明 ソケット ライセンスあたりの許可されるオブジェクト数
VMware vSphere CPU 数

最大 32 個の CPU コアを持つプロセッサでは、1 つのソフトウェア ライセンスが使用されます。プロセッサに 32 個を超える CPU コアがある場合は、プロセッサの CPU コア 32 個ごとに追加のソフトウェア ライセンスが 1 つ必要です。

必要なライセンスは、次の方法で計算されます。

Math.ceil((CPU cores / CPU sockets) * (1/32)) * (CPU sockets)

AWS VMware Cloud のホスト数 VMware Cloud (VMC) ホストの総数 0.5
注: One VMC host requires two socket licenses.
AWS vCPU または Azure AWS インスタンスまたは Azure の vCPU の総数 (vCPU) 18
注: ライセンス数を 16 から 18 に増やしても、価格の変更は発生しません。
注:
  • データ ソースとして vRealize Network Insight に追加できるネットワーク デバイスの数は、ライセンスでサポートされているソケット数によって異なります。たとえば、ソケット数が 100 の Advanced ライセンスまたは Enterprise ライセンスを所有している場合は、ソケット ライセンスあたりの許可されるオブジェクト数に加えて、100 台のネットワーク デバイスを追加できます(次の表を参照)。
  • vRealize Network Insight のライセンス使用量の計算では、無効にされているデータ ソースも対象になります。カウント時に vRealize Network Insight によって無視されるようにするには、データ ソースを削除します。
  • VMware SD-WAN ライセンス キーには、「エッジ」という測定単位があります。エッジのバンド幅ごとに異なる VMware SD-WAN ライセンス タイプがあります。セットアップのバンド幅を満たしている VMware SD-WAN ライセンス キーを使用する必要があります。
  • Assurance and Verification ライセンス キーには、vRealize Network Insight のデータ ソースとして追加されたネットワーク デバイスの数を追跡する「デバイス」という測定単位があります。これはスタンドアロンのライセンス キーとして使用できます。ネットワーク デバイスの数が既存の Enterprise ライセンス キーの制限を超えた場合は、Enterprise ライセンスと組み合わせることもできます。
VMware では、 vRealize Network Insight ライセンスを自主管理制としています。つまり、ライセンス数の違反があるとユーザー インターフェイスに警告メッセージが表示されますが、機能の使用は制限されません。以下のシナリオでは、ユーザー インターフェイスのすべてのページにライセンス警告メッセージが表示されます。
  • ライセンスの使用量がソケット (CPU) ライセンスを超えている。

    要件を満たすには、ライセンスを追加する必要があります。

  • ライセンス タイプの混在
    • Advanced ライセンスと Enterprise ライセンスの両方を追加してある場合。

      Advanced Edition から Enterprise Edition にアップグレードした後、手動で Advanced ライセンスを削除する必要があります([設定] > [ライセンスと使用量])。Enterprise の機能を使用するために十分な数の Enterprise ライセンスがあることを確認します。

    • ソケット ライセンスとコア ライセンスを追加してある場合。

      要件に基づいて、どちらかのライセンス タイプを削除します。