vRealize Network Insight では、タグ、名前、ServiceNow、フロー、または詳細プロパティを使用してアプリケーション検出を実行すると、基準に一致するすべての検出済みアプリケーションが表形式ビューとマップ ビューに表示されます。

マップ ビューと表形式ビューの間では対話が行われます。表形式ビューでアプリケーションをクリックすると、マップ ビューで六角形がハイライトされて選択状態になり、他のアプリケーションや共有サービスとのすべてのネットワーク接続が表示されます。

アプリケーションの表形式ビュー

表形式ビューには、アプリケーション名、階層と仮想マシンの数、ステータスなどのアプリケーションの詳細が表示されます。フローを使用してアプリケーションを検出した場合は、検出されたアプリケーションの精度を示す [信頼性] 列も表示されます。

表形式ビューでは、次の任意のアクションを実行できます。

  • アプリケーションを保存するには、アプリケーションの横にある [保存] アイコンをクリックします。
  • 1 つ以上のアプリケーションを選択し、[アクション] ドロップダウン メニューをクリックすると、選択したアプリケーションを保存できます。
  • 1 つ以上のアプリケーションを選択し、[アクション] ドロップダウン メニューをクリックすると、アプリケーションをマージして保存できます。

    1 つ以上のアプリケーションを選択し、[アクション] ドロップダウン メニューをクリックして、[マージして保存] オプションを選択すると、選択したアプリケーションをマージして単一のアプリケーションとして保存できます。このアクションは、アプリケーションが複数のアプリケーションとして検出され、それらをマージして単一のアプリケーションに戻す場合にのみ実行します。

    注: 最大 20 個のアプリケーションを単一のアプリケーションにマージできます。
  • ServiceNow またはフローを使用してアプリケーションを検出した場合は、1 つまたは複数のアプリケーションを .csv 形式でエクスポートできます。

アプリケーションのマップ ビュー

マップ ビューで六角形の上にマウス ポインタを置くと、アプリケーション名、検出された仮想マシンの数、階層数などのアプリケーションに関連した情報を確認できます。ポインタを置き、[アプリケーションの保存] をクリックして、アプリケーションを保存できます。

六角形にアラート アイコンが付いている場合は、そのアプリケーションに保護されていないフローがあることを表します。

マップ ビューでは、次の任意のアクションを実行できます。

マップ ビューでは、次の任意のアクションを実行できます。

  • ズーム インやズーム アウト、またはマップの移動によってアプリケーションを表示します。
  • 保護されていないフローを伴うアプリケーションを表示します。
  • インターネットに接続されているアプリケーションを表示します。
  • 共有サービスを使用しているアプリケーションを表示します。
  • 問題が発生しているアプリケーションを表示します。

検出されたアプリケーションを基準に基づいて表示

vRealize Network Insight には、検出されたアプリケーションの並べ替え、フィルタリング、検索を行う複数のオプションがあります。これらのオプションは、画面の最上部から使用できます。

オプション 説明
[粒度]

アプリケーションをサイズに基づいて表示します。粒度を細かく設定すると小さいアプリケーションが表示され、粗く設定すると大きなアプリケーションのみが表示されます。

注:

このオプションは、フローを使用してアプリケーションを検出した場合にのみ表示されます。

[並べ替え基準]

アプリケーションを名前、階層、および仮想マシンで並べ替えます。

フローを使用してアプリケーションを検出した場合は、アプリケーションを [信頼性] で並べ替えることもできます。

[表示] マップ ビューと表形式ビューに上位 10、20、50、または 100 個のアプリケーションを表示します。
アプリケーション、階層、または仮想マシンの検索 名前、階層、またはメンバーでアプリケーションを検索します。