Enterprise ライセンス ユーザーの場合は、NSX Advanced Load Balancer をデータ ソースとして vRealize Network Insight Cloud に追加できます。

前提条件

  • 次の情報を検証する必要があります。

    • データ ソースとそのバージョンが vRealize Network Insight Cloud でサポートされています。詳細については、『サポート対象の製品とバージョン』を参照してください。
    • データ ソースが vRealize Network Insight Cloud でサポートされている VMware Ports and Protocols に従っています。詳細については、 VMware Ports and Protocolsを参照してください。
  • NSX Advanced Load Balancer API にアクセスできる必要があります。
  • 次のグループおよびリソースに対して、少なくとも読み取りアクセス権が必要です。
    グループ リソース
    アプリケーション
    • 仮想サービス
    • プール
    • プール グループ
    操作
    • アラート構成
    • アラート
    インフラストラクチャ
    • クラウド
    • サービス エンジン
    • サービス エンジン グループ
    • Virtual Routing and Forwarding (VRF) コンテキスト
    管理
    • システム設定
    • コントローラ
    アカウント
    • ユーザー
    • ロール
    • テナント
    プロファイル 分析プロファイル

    NSX Advanced Load Balancer では、ロールとテナントの組み合わせに基づいてユーザー アカウントの承認が判断されます。詳細については、NSX Advanced Load Balancerドキュメントを参照してください。

手順

  1. [設定] > [アカウントとデータ ソース] の順に移動します。
  2. [ソースの追加] をクリックします。
  3. [ロード バランサ] で、[NSX Advanced Load Balancer] を選択します。
  4. [新しい NSX Advanced Load Balancer アカウントまたはソースの追加] 画面で、次の詳細を指定します。
    オプション アクション
    コレクタ仮想マシン ドロップダウン メニューからコレクタ仮想マシンを選択します。
    IP アドレス/FQDN NSX Advanced Load Balancer クラスタまたはコントローラの IP アドレスまたは FQDN の詳細を入力します。
    ユーザー名 ユーザー名を入力します。
    パスワード パスワードを入力します。
  5. [検証] をクリックします。
  6. (オプション) [ニックネーム] テキスト ボックスにニックネームを入力します。
  7. (オプション) [メモ] テキスト ボックスには、必要に応じてメモを追加できます。
  8. [送信] をクリックします。

結果

データ ソースを追加した後、NSX-T Data Center との統合など、NSX Advanced Load Balancer の詳細が表示されるまでにいくらか時間がかかります。

NSX Advanced Load Balancer エンティティに対して検索を実行するには、クエリ文字列 NSX-ALB Data Source を使用します。