vRealize Network Insight Cloud では、さまざまなタイプのアラート定義と、そのアラート定義に関連するアラートのリストを確認できます。

vRealize Network Insight Cloud には、次のタイプのアラート定義があります。

  • [問題]vRealize Network Insight Cloud によって環境内で検出された論理的問題または物理的問題。いずれかのエンティティ、プロパティ、またはメトリックが関係する問題が発生している可能性があります。たとえば、ルーター インターフェイスが使用できない状態になったことや、インターフェイスのパケット ドロップの割合が特定のしきい値を越えたことなどが問題として検出されます。
  • [変更]vRealize Network Insight Cloud によって環境内で検出されたエンティティの変更、またはエンティティのプロパティとメトリックの変更。作成、更新、および削除の操作は変更と見なされます。
  • [その他]:外部データ ソースによって生成され、vRealize Network Insight Cloud によって定義されていないアラート。NSX-T アラート、Kubernetes アラートなどがあります。

アラート定義を確認するには、[設定] 画面で [アラートと通知] > [アラートの定義] をクリックします。

[問題] タイプのアラート定義はすべて [問題] タブに表示されます。
注: タイプが [問題] であるすべてのアラートは、Syslog にも記録されます。

[変更] タイプのアラート定義はすべて [変更] タブに表示されます。

[その他] タイプのアラート定義はすべて [その他] タブに表示されます。

アラートにマウス ポインタを重ねると、そのアラートの名前、説明、アラート タグが表示されます。

アラートに対して、次のタスクを実行できます。
  • アラートの編集
  • アラートを無効にします。
  • 一括編集、有効化、無効化の実行