ServiceNow をデータ ソースとして vRealize Network Insight Cloud に追加して、アプリケーションと階層の詳細を取得できます。ServiceNow 構成管理データベース (CMDB) は、ソフトウェアおよびハードウェア インフラストラクチャと、データセンター内の両者の関係を完全に可視化できます。この可視性は、インベントリを管理する際に有用です。

ServiceNow 統合を使用すると、 vRealize Network Insight Cloud によって ServiceNow CMDB で使用可能なアプリケーションが検出され、直接 vRealize Network Insight Cloud に追加することができます。

前提条件

  • 次の情報を検証する必要があります。

    • データ ソースとそのバージョンが vRealize Network Insight Cloud でサポートされています。詳細については、『サポート対象の製品とバージョン』を参照してください。
    • データ ソースが vRealize Network Insight Cloud でサポートされている VMware Ports and Protocols に従っています。詳細については、 VMware Ports and Protocolsを参照してください。
  • ロールに次のいずれかの権限が必要です。
    • 読み取り専用管理者ロール:すべての権限
    • 読み取り専用 itil ロール:必要最小限の権限
    • 次のテーブル/API へのアクセス権限
      API 権限タイプ
      /stats.do -- 必須
      /api/now/v1/cimodel/cmdb_ci/fullclasshierarchy -- 必須
      /api/now/v2/table/cmdb_rel_type cmdb_rel_type 必須
      /api/now/v2/table/cmdb_ci cmdb_ci 必須
      /api/now/v2/table/cmdb_ci_service_discovered cmdb_ci_service_discovered 必須
      /api/now/v2/table/cmdb_rel_ci cmdb_rel_ci 必須
      /api/now/v2/table/cmdb_ci_translation_rule cmdb_ci_translation_rule 必須
      /api/now/v2/table/cmdb_ci_cluster_node cmdb_ci_cluster_node 必須
      /api/now/v2/table/cmdb_ci_vm_instance cmdb_ci_vm_instance 必須
      /api/now/v2/table/cmdb_ci_cluster cmdb_ci_cluster 必須
      /api/now/v2/table/cmdb_ci_lb_service cmdb_ci_lb_service 必須
      /api/now/v2/table/cmdb_ci_vmware_instance cmdb_ci_vmware_instance 必須
      /api/now/v2/table/cmdb_ci_network_adapter cmdb_ci_network_adapter 必須
      /api/now/v2/table/cmdb_ci_appl cmdb_ci_appl 必須
      /api/now/v2/table/cmdb_ci_spkg cmdb_ci_spkg 必須
      /api/now/v2/table/cmdb_ci_computer cmdb_ci_computer 必須
      /api/now/v2/table/cmdb_ci_database cmdb_ci_database 必須
      /api/now/v2/table/cmdb_ci_qualifier_manual_connection cmdb_ci_qualifier_manual_connection 必須
      /api/now/v2/table/cmdb_ci_endpoint cmdb_ci_endpoint 必須
      /api/now/v2/table/sys_audit_delete sys_audit_delete オプション
      /api/now/v2/table/sys_user sys_user オプション
      /api/now/v2/table/sys_properties sys_properties オプション
      注: オプションと表記されているテーブル/API へのアクセス権がない場合は、 vRealize Network Insight Cloud は 12 時間ごとにアプリケーション検出を実行します。また、 オプションと表記されているテーブル/API へのアクセス権がある場合は、 vRealize Network Insight Cloud は 30 分ごとにアプリケーション検出を実行します。

手順

  1. [設定] > [アカウントとデータ ソース] の順に移動します。
  2. [ソースの追加] をクリックします。
  3. [CMDB] で、[ServiceNow ] を選択します。
  4. [新しい ServiceNow アカウントまたはソースの追加] 画面で、次の詳細を指定します。
    オプション アクション
    コレクタ(プロキシ)仮想マシン ドロップダウン メニューからコレクタ仮想マシンを選択します。
    IP アドレス/FQDN IP アドレスまたは FQDN の詳細を入力します。
    ユーザー名 ユーザー名を入力します。
    パスワード パスワードを入力します。
    Web プロキシ (オプション) ドロップダウン メニューから Web プロキシを選択します。
    注: [Web プロキシ (オプション)] は、vRealize Network Insight で Web プロキシを構成している場合のみ表示されます。
  5. [検証] をクリックします。
  6. カスタマイズした CMDB 構成を追加するには、以下を実行します。
    1. [CMDB 設定のカスタマイズ] を選択します。
    2. [ダウンロード] をクリックして、デフォルトの構成ファイルをダウンロードします。
    3. ファイルのプロパティを更新します。CMDB 構成のカスタマイズを参照してください。
    4. [データ ソースの追加] 画面で、更新された JSON ファイルを参照して選択します。
    注: CMDB 構成のカスタマイズを追加すると、 vRealize Network Insight Cloud[必須] 権限について、新しく追加されたすべてのエントリを検証します。
  7. (オプション) [ニックネーム] テキスト ボックスにニックネームを入力します。
  8. (オプション) [メモ] テキスト ボックスには、必要に応じてメモを追加できます。
  9. [送信] をクリックします。

次のタスク

ServiceNow データ ソースを追加すると、ServiceNow CMDB で使用可能なアプリケーションが vRealize Network Insight Cloud によって検出されます。これを vRealize Network Insight Cloud に追加します。詳細については、検出されたアプリケーションの追加を参照してください。