ユーザー インターフェイスから DNS マッピングとサブネット VLAN(仮想ローカル エリア ネットワーク)マッピング情報をインポートできます。

このフロー情報は、DNS データのインポートおよびサブネット VLAN(仮想ローカル エリア ネットワーク)マッピングの仕様に基づいて、次のタイプの情報を使用して拡充されます。
  • ソース DNS ドメイン
  • ソース DNS ホスト名
  • ターゲット DNS ドメイン
  • ターゲット DNS ホスト名
  • ソース L2 ネットワーク
  • ソース サブネット ネットワーク
  • ターゲット L2 ネットワーク
  • ターゲット サブネット ネットワーク
IP アドレス エンドポイント情報は、DNS データのインポートおよびサブネットと VLAN(仮想ローカル エリア ネットワーク)間のマッピングの仕様に基づいて、次のタイプの情報を使用して拡充されます。
  • DNS ドメイン
  • DNS ホスト名
  • FQDN
  • L2 ネットワーク
  • サブネット ネットワーク

DNS 情報によるフローの追加の詳細については、DNS マッピング ファイルのインポートを参照してください。

サブネットと VLAN(仮想ローカル エリア ネットワーク)間のマッピングを介したフローの拡充の詳細については、サブネットと VLAN の間のマッピングの設定を参照してください。

注:
  • DNS マッピングとサブネットの情報は、物理 IP アドレスについてのみ拡充されます。サブネットまたは DNS マッピング情報は、いずれの vNIC とも関連付けられません。
  • この情報は、この情報がインポートされた後に vRealize Network Insight Cloud に表示されたフローについてのみ拡充されます。