専用ルーターまたはスイッチを vRealize Network Insight Cloud に追加するには、デバイス構成ファイルをアップロードします。vRealize Network Insight Cloud は、デバイス構成ファイルの情報を使用してルーターまたはスイッチの判断情報を提供し、仮想マシン間パス上にあるルーターまたはスイッチを表示します。

前提条件

  • 次の情報を検証する必要があります。

    • データ ソースとそのバージョンが vRealize Network Insight Cloud でサポートされています。詳細については、『サポート対象の製品とバージョン』を参照してください。
    • データ ソースが vRealize Network Insight Cloud でサポートされている VMware Ports and Protocols に従っています。詳細については、 VMware Ports and Protocolsを参照してください。
  • デバイス構成ファイルは、vRealize Network Insight Cloud で提供されている SDK を使用して .zip 形式で作成する必要があります。デバイス構成ファイルを作成するには、https://github.com/vmware/network-insight-sdk-generic-datasourcesを参照してください。

    デバイス構成ファイルには、ルーター インターフェイス、ルート、スイッチ ポート、VRF、スイッチ デバイスなどのエンティティに関する情報が含まれています。

    注: 構成が変更されるたびに、新しい構成ファイルをアップロードする必要があります。 vRealize Network Insight Cloud は、汎用ルーターまたはスイッチからデータを自動的に収集しません。

手順

  1. [設定] > [アカウントとデータ ソース] の順に移動します。
  2. [ソースの追加] をクリックします。
  3. [ルーターおよびスイッチ] の下で、[汎用ルーターおよびスイッチ] をクリックします。
  4. [新しい汎用ルーターまたはスイッチの追加] 画面で、必要な情報を変更します。
    オプション アクション
    [コレクタ仮想マシン] ドロップダウン メニューからコレクタ仮想マシンを選択します。
    [デバイス構成ファイル] SDK を使用して作成された構成ファイル (.zip) を選択してアップロードします。
    注: vRealize Network Insight Cloud にデバイス構成ファイルをアップロードした後、アップロードされたデバイス構成ファイルの情報を変更することはできません。
    [IP アドレス/FQDN] IP アドレスまたは FQDN の詳細を入力します。
  5. [検証] をクリックします。
  6. (オプション) [ニックネーム] テキスト ボックスにニックネームを入力します。
  7. (オプション) [メモ] テキスト ボックスには、必要に応じてメモを追加できます。
  8. [送信] をクリックします。