データセンターのデータを収集するには、データ ソースを vRealize Network Insight Cloud に追加する必要があります。

データ ソースを追加するには、[設定] > [アカウントとデータ ソース] > [ソースの追加] の順に移動します。

データ ソースを追加すると、 [アカウントとデータ ソース] 画面が表示されます。データ ソースは次のオプションに基づいて分類されています。
  • すべて:使用可能なすべてのデータ ソースを表示します。
  • 問題のあるデータ ソース:vRealize Network Insight Cloud が 1 つ以上の問題を検出したデータ ソースを表示します。
  • 推奨事項があるデータ ソース:追加情報が必要なデータ ソースについて、vRealize Network Insight Cloud が自動生成した推奨事項を表示します。
各データ ソースには次の詳細が表示されます。
プロパティ 説明
タイプ データ ソースのタイプを表示します。
名前 データ ソースの名前を表示します。
識別子 データ ソースの IP アドレスまたは FQDN の詳細を表示します。
最近のメトリック収集 最新のメトリック データ収集のタイム スタンプを表示します。
最近の構成収集 最新の構成データ収集のタイム スタンプを表示します。
ポーリング間隔 データ ソースに定義されているポーリング間隔を表示します。
検出されたエンティティ このデータ ソースについて検出された仮想マシンの数が表示されます。
注: [検出されたエンティティ] 列は、データ ソースが VMware vCenter Server または AWS の場合にのみ表示されます。
フロー データ ソースのフロー数が表示されます。
データ収集 データ ソースの日付収集が有効かどうかを示します。
テーブルに表示する列を選択するには、テーブル ヘッダーの [テーブル列の管理] アイコンをクリックします。一度に最大 5 列の詳細を表示できます。

データ ソースを編集または削除するには、データ ソースの横にある [その他のオプション] アイコンをクリックします。カスタマイズ可能なポーリング間隔をサポートするデータ ソースについては、[今すぐ収集] オプションを使用して、構成データ収集プロセスを実行することもできます。

vRealize Network Insight Cloud には、データ ソースの情報に簡単にアクセスできるようにするための次の機能があります。

  • データ ソースは、列ヘッダーの上にある検索バーを使用して、データ ソースの名前、IP アドレス、またはコレクタ仮想マシン名で検索できます。
  • [タイプ] 列では、データ ソース別に情報をフィルタリングできます。また、[データ収集] 列では、データ収集に基づいてデータ ソースをフィルタリングできます。
  • 情報を並べ替えるには、対象の列の [並べ替え] アイコンをクリックします。

vRealize Network Insight Cloud を使用すると、さまざまなタイプの VMware 製品やその他のサードパーティのデータ ソース(パブリック クラウド、コンテナ、ファイアウォール、ルーターとスイッチ、ロード バランサなど)を追加できます。