vRealize Operations Cloud インスタンスには、複数のアダプタ タイプが含まれています。vCenter アダプタのアダプタ タイプを見つけるには、GET 要求を作成して、すべてのアダプタ タイプのリストを取得します。API 応答には、アダプタが監視するすべてのオブジェクト タイプが含まれます。

前提条件

vRealize Operations Cloud インスタンスにログインしていることを確認します。

手順

  1. すべてのアダプタ タイプに対して GET 要求を作成します。
    GET https://www.mgmt.cloud.vmware.com/vrops-cloud/suite-api/api/adapterkinds
  2. 応答を調べて、vCenter アダプタと監視対象のオブジェクト タイプのリストを確認します。

例: vCenter アダプタのアダプタ タイプとオブジェクト タイプの決定

この例では、vCenter アダプタのアダプタ タイプと、アダプタ モデル定義に含まれているすべてのオブジェクト タイプを検索します。

要求ヘッダー:

GET https://www.mgmt.cloud.vmware.com/vrops-cloud/suite-api/api/adapterkinds
Content-Type: application/json
Authorization: CSPToken <csp auth token>
Accept: application/json

<csp 認証トークン> は、Cloud Services 認証トークンの生成 での応答から取得したトークンです。

vCenter アダプタの JSON 形式による応答のスニペット:
200 OK
{      
  "key": "VMWARE",      
  "name": "vCenter Adapter",      
  "description": "Provides the connection information and credentials required...",      
  "adapterKindType": "GENERAL",      
  "describeVersion": 573,      
  "identifiers": [],      
  "resourceKinds": [        
    "ClusterComputeResource",        
    "ComputeResource",        
    "CustomDatacenter",        
    "Datacenter",        
    "Datastore",        
    "StoragePod",        
    "DatastoreFolder",        
    "VM Entity Status",        
    "Folder",        
    "HostFolder",        
    "HostSystem",        
    "NetworkFolder",        
    "ResourcePool",        
    "VMwareAdapter Instance",        
    "VirtualMachine",        
    "VMFolder",        
    "DistributedVirtualPortgroup",        
    "VmwareDistributedVirtualSwitch",        
    "vSphere World"      
  ],      
  ...    
}

vCenter アダプタの場合、adapter-kind キーは VMWARE です。resourceKinds は、vCenter アダプタが監視するオブジェクト タイプです。仮想マシン オブジェクト タイプの場合、resourceKindsVirtualMachine です。