表示ウィジェットにより、ダッシュボードで vRealize Operations Cloud ビューを表示することができます。

表示ウィジェットと構成オプションの仕組み

ビューは、収集したオブジェクトに関する情報を、ビュー タイプに応じた方法で表示します。それぞれのタイプのビューを使用することで、メトリック、スーパーメトリック、プロパティ、アラート、ポリシー、およびデータをさまざまな切り口で見ることができます。

表示ウィジェットを 1 つ以上のカスタム ダッシュボードに追加し、ダッシュボード ユーザーにとって重要なデータが表示されるように構成できます。リスト ビューは、その他のウィジェットに相互作用を送信できます。

表示ウィジェットを確認できる場所

ウィジェットは、カスタム ダッシュボードのいずれかに含まれている可能性があります。メニューで、[ダッシュボード] をクリックして、構成されたダッシュボードを確認します。

ダッシュボード ウィジェットに表示されるデータをカスタマイズするには、メニューで、[ダッシュボード] をクリックします。[アクション] > [ダッシュボードの作成/ダッシュボードの編集] の順にクリックしてダッシュボードを追加または編集します。[ビュー][ウィジェット] オプションを切り替えて、表示、およびダッシュボードへのウィジェットの追加を行います。[ウィジェット リスト] パネルに、事前定義されたすべてのウィジェットのリストが表示されます。ウィジェットを上部のパネルのダッシュボード ワークスペースにドラッグします。

どのビュー タイプの場合でも、ビューを CSV ファイルとしてエクスポートすることができます。

表示ウィジェット ツールバーのオプション

表示ウィジェット ツールバーは、表示されるビュー タイプに応じて異なります。

オプション 説明
CSV としてエクスポート どのビュー タイプの場合でも、ビューを CSV ファイルとしてエクスポートすることができます。
外部アプリケーションで開く オブジェクトに関する情報を提供する別のアプリケーションにリンクする機能。たとえば、仮想マシンを含んだリスト ビューがあります。任意の仮想マシンを選択し、[外部アプリケーションで開く] を選択して、vSphere Web Client で仮想マシンを開くことができます。
時間設定 時間設定で、データ変換の時間間隔を選択します。これらのオプションは、イメージを除くすべてのビュー タイプで使用可能です。
  • 相対的な日付範囲。データ変換の相対日付範囲を選択します。
  • 特定の日付範囲。データ変換の特定日付範囲を選択します。
  • 絶対日付範囲。データ表示の日付または時間の範囲を、各月や各週などの単位で選択します。たとえば、毎月 3 日に前月に関するレポートを実行できます。表示されるのは前月の月初から月末までのデータで、前月 3 日から今月 3 日までのデータではありません。

    使用可能な期間の単位は、時間、日、週、月、年です。

    期間の単位の開始と終了はシステムのロケール設定で決まります。たとえば、欧州諸国の大半で週は月曜始まりなのに対し、米国では日曜始まりです。

  • ダッシュボード時間。このオプションを選択して、[ダッシュボード時間] パネルを有効化します。[ダッシュボード時間] パネルで選択したオプションが有効になります。デフォルトの時間は 6 時間です。
ほぼリアルタイムの監視 20 秒間隔で収集されたデータがほぼリアルタイムで表示されます。ほぼリアルタイムのデータは、24 時間から 3 日までの範囲で使用できます。
ページあたりのアイテム数 ウィジェットに表示される結果の数を設定します。[リスト] 表示でのみ使用できます。
ロール アップ間隔 データがロール アップされる間隔。
アクション 選択したオブジェクトに対するアクション。オブジェクト タイプによって異なります。
フィルタ リストを特定のホストやデータセンターなどのオブジェクトに制限します。階層レベル内をドリルダウンできます。[リスト][トレンド][分布] タイプのビューで使用できます。
名前によるフィルタ リストを特定の名前のオブジェクトに制限します。[リスト] 表示でのみ使用できます。

表示ウィジェットの構成オプション

ウィジェットのタイトル バーで、[ウィジェットの編集] アイコンをクリックしてウィジェットを構成します。

構成オプションは、1 つ以上のセクションにグループ化されます。ウィジェット データのベースとなるオブジェクトを選択し、次のセクションでオブジェクトを絞り込むことができます。各セクションは、オブジェクトをさらにフィルタリングし、フィルタリングされたオブジェクトを次のセクションにプッシュします。ウィジェット データは、最後のセクションの出力であるオブジェクトに基づきます。

[構成] セクションには、ウィジェットの全般的な構成オプションが表示されます。

[入力データ] セクションには、ウィジェットに対する入力を指定するオプションがあります。

[出力データ] セクションには、ウィジェット データの基になるオブジェクト タイプを選択するオプションがあります。

オプション 説明
タイトル

このウィジェットを同じウィジェット テンプレートに基づく他のインスタンスから識別するカスタムのタイトルを入力します。

[構成]
内容の更新

このウィジェットのデータの自動更新を有効または無効にします。

無効な場合は、ダッシュボードが開かれたとき、またはダッシュボードのウィジェットの [更新] ボタンをクリックしたときにのみ、ウィジェットが更新されます。

更新間隔

[内容の更新] オプションを有効にする場合は、このウィジェットにあるデータを更新する頻度を指定します。

セルフ プロバイダ
ウィジェットにデータが表示されるオブジェクトが、そのウィジェットで定義されたものか他のウィジェットから提供されたものかを示します。
  • オン。ウィジェットにデータを表示するオブジェクトを定義します。
  • オフ。ダッシュボードのウィジェットの相互作用オプションを使用して、他のウィジェットがオブジェクトを提供するように構成します。
[入力データ]
インベントリ ツリー 事前定義された既存のトラバーサル仕様を選択して、ウィジェット データのオブジェクトを選択します。
オブジェクト セルフ プロバイダ モードでは、[オブジェクトの追加] アイコンをクリックして、オブジェクト リストからオブジェクトを選択します。オブジェクト リストは、インベントリ ツリーの選択に基づいて表示されます。このテキスト ボックスでオブジェクトを検索することもできます。
[出力データ]

選択したオブジェクトで使用可能な定義済みビューのリストが表示されます。

ビューは、表示ウィジェットの構成オプションから直接に作成、編集、削除、クローン作成、エクスポート、およびインポートできます。

詳細については、ビュー を参照してください。

最初の行を自動選択 リスト タイプのビューのデータの最初の行から開始するかどうかを決定します。
表示 ウィジェットに表示するには、次の項目を 1 つ以上選択します。
  • ウィジェット内に凡例の一覧を表示するには、[凡例] を選択します。
  • ウィジェット内にラベルの名前を表示するには、[ラベル] を選択します。