[シンプトムの定義の追加] オプションは、アラート定義に対して既存のシンプトムを追加したり、新規のシンプトムを作成したりするためのメカニズムです。アラートの定義に対して必要なシンプトムが存在しない場合は、このワークスペースで作成することができます。

[シンプトムの定義の追加] オプションの機能

基本オブジェクト タイプに対して定義されたシンプトムを選択および追加して、関連するオブジェクト タイプにシンプトムを追加することができます。1 つ以上のシンプトムを追加するときには、シンプトム式を作成します。このシンプトム式が真であると評価さた場合は、アラートが生成されます。

[シンプトムの定義の追加] オプション

シンプトム定義を追加するには、選択したシンプトムを左側のペインにドラッグします。左側のワークスペースを使用して、アラート生成のために、すべて、またはいずれかのシンプトムまたはシンプトムのセットが真でなければならないかどうかを指定します。

表 1. [シンプトムの追加] の選択オプション
オプション 説明
シンプトムの選択

現在の [定義対象] のオブジェクト タイプに追加するシンプトムの定義のタイプを選択します。

  • メトリック/プロパティ。メトリックおよびプロパティのシンプトムを使用するシンプトムを追加します。これらのメトリックは、 vRealize Operations Cloud が環境内のターゲット オブジェクトから収集した運用またはパフォーマンスの値、および構成プロパティに基づいています。
  • メッセージ イベント。メッセージ イベントシンプトムを使用するシンプトムを追加します。これらのシンプトムは、 vRealize Operations Cloud のコンポーネントからメッセージとして受信したイベント、または外部の監視対象システムからそのシステムの REST API を介してメッセージとして受信したイベントに基づいています。
  • 障害イベント。障害シンプトムを使用するシンプトムを追加します。これらのシンプトムは、監視対象のシステムが発行したイベントに基づいています。 vRealize Operations Cloud は、これらのイベントのサブセットの相関関係を作成し、障害として配信します。障害(シンプトム)の目的は、環境内のオブジェクトの可用性を低下させるような監視対象システムのイベントを知らせることです。
  • メトリック イベント。メトリック イベントシンプトムを使用するシンプトムを追加します。これらのシンプトムは、選択したメトリックが指定された方法でしきい値に違反している監視対象システムから伝達されたイベントに基づいています。外部システムは、 vRealize Operations Cloud ではなく、しきい値を管理します。これらのシンプトムは、選択したメトリックについて外部の監視対象システムにより報告された条件に基づいています。これは、 vRealize Operations Cloud がアクティブに監視しているしきい値に基づいているメトリックシンプトムとは対照的です。
  • スマート早期警告。オブジェクトにおける異常の数がトレンディングしきい値を超えた場合にトリガされる、定義済みの条件を使用するシンプトムを追加します。このシンプトムは、該当オブジェクトの異常な動作を総合的に表します。 vRealize Operations Cloud は、そのオブジェクトの通常稼動時の動作を判別する動的しきい値に違反するメトリックの許容可能な数に基づいて異常を分析します。このシンプトムは構成できません。ユーザーはこのシンプトムを使用するかどうかを決定します。
定義対象

シンプトムが評価するオブジェクト。

アラートの定義を作成する場合に、オブジェクトの関係階層に基づいて、ベース オブジェクト タイプおよび関連オブジェクト タイプのシンプトムを選択するか、定義することができます。以下の関係は、アラート定義の基本オブジェクト タイプと関連するオブジェクト タイプです。
  • 自己。アラート定義の基本オブジェクト タイプ。例:ホスト システム。
  • 子孫。基本オブジェクト タイプより任意の下位レベルにあるオブジェクト タイプ(直接または間接の子オブジェクト)。たとえば、仮想マシンはホスト システムの子孫です。
  • 先祖。基本オブジェクト タイプより 1 つ以上の上位レベルにあるオブジェクト タイプ(直接または間接の親)。たとえば、データセンターおよび vCenter Server はホスト システムの先祖です。
  • 親。階層内で、基本オブジェクト タイプのすぐ上のレベルにあるオブジェクト タイプ。例:データセンターはホスト システムの親です。
  • 子。基本オブジェクト タイプより 1 つ下のレベルにあるオブジェクト タイプ。例:仮想マシンはホスト システムの子です。
オブジェクト タイプによるフィルタリング

[自己] 以外の [定義対象] に値を選択した場合に使用可能です。

選択された [定義対象] 関係に基づき、シンプトムを、選択したオブジェクト タイプを対象に構成されたものに制限します。

新しいシンプトムの作成

アラートに対して必要なシンプトムが存在しない場合は、シンプトムを作成できます。

[シンプトムの定義] ダイアログ ボックスを開きます。

スマート早期警告シンプトム(システムによって事前定義されている)には使用できません。

すべてのフィルタ

シンプトムの定義のリストをフィルタリングします。この選択項目を使用できるのは、[定義対象] に [自己] が設定されている場合、または [定義対象] に別の関係が設定されており、[オブジェクト タイプによるフィルタリング] ドロップダウン メニューからオブジェクトを選択した場合です。

  • シンプトム。シンプトムの定義の名前を検索するためのテキストを入力します。たとえば、名前に efficiency を含むシンプトムの定義をすべて表示するには、Efficiency と入力します。
  • 定義条件。シンプトム定義を定義するアダプタの名前を検索するためのテキストを入力します。たとえば、vCenter アダプタで提供されるシンプトムの定義をすべて表示するには、vCenter と入力します。ユーザーが定義したシンプトムの定義のみを表示するには、User という検索語を入力します。

フィルタをクリアするには、フィルタ名の隣に表示される二重矢印アイコンをクリックします。

クイック フィルタ(名前)

シンプトム名に基づいてリストを検索します。

[シンプトム] リスト

選択されたオブジェクト タイプの既存のシンプトムのリストです。シンプトムを構成するには、そのシンプトムを左側のワークスペースにドラッグします。

階層内の複数のレベルに基づくシンプトムを組み合わせるには、新しいシンプトムを選択してワークスペースにドラッグする前に、新しい [定義対象] レベルおよび [オブジェクト タイプによるフィルタリング] を選択します。

ワークスペースを使用して、シンプトムおよびシンプトムセットの相互作用を構成します。

表 2. アラートの定義ワークスペースのシンプトムセット
オプション 説明
シンプトム セットの {operator} が true の場合にアラートをトリガします。

追加したシンプトムセットすべてに対する演算子を選択します。複数のシンプトムセットを追加する場合のみ使用可能です。

  • すべて。アラートが生成されるには、すべてのシンプトムセットが真と評価される必要があります。ブール演算子 AND として機能します。
  • 任意。アラートが生成されるには、1 つ以上のシンプトムセットが真と評価される必要があります。ブール演算子 OR として機能します。
シンプトム

シンプトムセットには、アラートがトリガされる必要があるかどうかを決定するために評価される式が含まれます。

シンプトムリストから既存のシンプトムのセットに 1 つ以上のシンプトムを追加するには、該当のシンプトムをリストからシンプトムセットにドラッグします。アラート定義に対する新しいシンプトムセットを作成するには、点線で囲まれたランディング領域にシンプトムをドラッグします。

シンプトムセット

ワークスペースに 1 つ以上のシンプトムを追加し、シンプトムセットが真に設定されるポイントを定義し、アラートが生成されるために真でなければならないのは、シンプトムセット内のすべてのシンプトムなのか、いずれかのシンプトムなのかを指定します。

シンプトムセットには 1 つ以上のシンプトムを含めることができ、アラートの定義には 1 つ以上のシンプトムセットを含めることができます。

[定義対象] のオブジェクトが [自己] であるシンプトムセットを作成する場合は、シンプトムセット内の複数のシンプトムに対して演算子を設定することができます。

[定義対象] のオブジェクトが [自己] 以外の関係であるシンプトムセットを作成する場合は、演算子を設定し、トリガのしきい値を変更することができます。シンプトムセットの条件を構成するには、オプションを設定します。
  • 値演算子。値テキスト ボックスに指定した値が、シンプトムセットを真と評価するために複数の関連オブジェクトに対してどのように比較されるかを指定します。
  • 値テキスト ボックス。シンプトムセットが真と評価されるために必要な、指定された関係のオブジェクトの数(値のタイプに基づく)。
  • 値タイプ。設定可能なタイプは次のとおりです。
    • カウント。シンプトムセットの条件を満たす関連オブジェクトの正確な数。
    • パーセント。シンプトムセットの条件を満たす、すべての関連オブジェクトの割合。
    • 任意。1 つ以上の関連オブジェクトがシンプトムセットの条件を満たす。
    • すべて。すべての関連オブジェクトがシンプトムの条件を満たす。
  • シンプトムセット演算子。シンプトムセット内のシンプトム間に適用される演算子。
    • すべて。アラートが生成されるには、すべてのシンプトムが真と評価される必要があります。ブール演算子 AND として機能します。
    • 任意。アラートが生成されるには、1 つ以上のシンプトムが真と評価される必要があります。ブール演算子 OR として機能します。

シンプトムセットに 1 つのシンプトムを含めた場合、シンプトムセットがトリガされるためにはこの条件が真になる必要があります。ただし、欠落しているシンプトムという条件がシンプトムをトリガするシンプトムセットを構成する場合もあります。シンプトムの非存在条件を使用するには、シンプトム名の左側にある縦方向の省略記号をクリックし、[シンプトムを反転] を選択します。

シンプトムの重要度は構成可能ですが、シンプトムを反転した場合、生成されたアラートの重要度に影響を与える、関連付けられた重要度は無効になりません。

[次へ] をクリックして推奨事項を追加します。