[ソリューション] ページから、すでにインストールされているソリューションの表示、有効化、および構成を行うことができます。

ソリューションの仕組み

ソリューションには、ダッシュボード、レポート、アラートおよびその他のコンテンツ、クラウド アカウントおよびその他のアカウントが含まれる場合があります。クラウド アカウントとその他にはアダプタが含まれており、vRealize Operations Cloud はそれらを使用して他の製品、アプリケーション、および機能との通信および統合を管理します。

ソリューションを確認できる場所

メニューで [管理] をクリックし、左ペインの [ソリューション][リポジトリ] をクリックして、クラウドおよびその他のソリューションを表示および有効化/無効化します。 [クラウド アカウント] をクリックして、すでにインストールされているソリューションを表示および構成します。 [Other Accounts] ビューをクリックして、すでにインストールされている他のソリューションを表示および構成します。
注: VMware vSphere ソリューションおよびその他のネイティブ Management Pack は事前にインストールされていて、無効にすることはできません。

データ収集通知

メニューの [データ収集] ベル アイコンを使用して、データ収集に関連するステータスと重要な通知にすばやくアクセスできます。このアイコンは、通知が存在するかどうか、およびその中に重要な通知があるかどうかを示します。

リストには、進行中のデータ収集に関する通知が表示され、どれかに重要な問題があるかどうかが示されます。リストの下部に進行中のデータ収集通知が 1 つのエントリとしてグループ化されます。収集に関する詳細を表示するには、通知を展開します。

各通知は最後または現在のデータ収集のステータス、関連付けられているアダプタ インスタンス、収集の完了または問題の識別からの時間を表示します。通知をクリックして、[ソリューション] ページを開き、そこで詳細を表示してアダプタ インスタンスを管理できます。

データ収集で問題が発生した場合は、vRealize Operations Cloud によって 5 分間隔の収集サイクル中にそれらの問題が識別されます。

ソリューションのインストールの失敗

ソリューションのインストールに失敗した場合でも、ソリューションがインストールされず、[ソリューション] ページに表示されないにもかかわらず、ソリューションに関連付けられているプラグインが vRealize Operations Cloud の [プラグイン] ページに表示されることがあります。ソリューションのインストールに失敗した場合は、ソリューションを再インストールしてください。