クラウド ゾーンを使用すると、コンピューティング リソースのセットをグループ化し、ゾーンに機能タグを割り当てることができます。クラウド ゾーンはアカウント/リージョンに基づいているため、クラウド ゾーンを作成するには、少なくとも 1 つのクラウド アカウントが構成されている必要があります。クラウド ゾーンでは、およびブループリントでデプロイを構成する場所と方法を定義します。優先度と制限に基づいて、各プロジェクトに 1 つまたは複数のクラウド ゾーンを割り当てることができます。

クラウド ゾーンの仕組み

vRealize Automation 8.x を vRealize Operations Cloud に統合すると、クラウド ゾーンを vRealize Operations Cloud に取得できます。[クラウド ゾーン] オプションは、[管理] > [管理] の [統合] ページから vRealize Automation 8.x への統合が有効になるまで、ユーザーに表示されません。

[クラウド ゾーン] オプションは、次の条件が満たされた場合にのみ、 vRealize Operations Cloud で有効になります。
  • vRealize Automation 8.x インスタンスが vRealize Operations Cloud[管理] > [管理] > [統合] で正常に統合されている。
  • vRealize Automation 8.x のオブジェクトが vRealize Operations Cloud で検出される。
  • vRealize Automation 8.x のアカウントと vRealize Operations vCenter Cloud アカウントが同期されている。

vRealize Automation 8.x 環境に存在するすべてのクラウド ゾーン オブジェクトが vRealize Operations Cloud で検出される。依存関係のあるクラスタが vRealize Operations Cloud で検出されないクラウド ゾーンは、Capacity Overview、再利用、および Workload Optimization ページに表示されません。