Slack プラグインを追加してアラートを転送し、異なる Slack チャンネルを使用して複数の通知ルールを構成できます。Slack プラグインを使用すると、事前フォーマットされたアラートをアラート フィールドの詳細とともに受信でき、アラート リンクを使用して vRealize Operations Cloud 実行することで、さらにトラブルシューティングを行うことができます。

前提条件

手順

  1. メニューで、[管理] をクリックし、左側のペインで、[管理] > [送信設定] の順にクリックします。
  2. ツールバーから、[追加] をクリックし、[プラグイン タイプ] ドロップダウン メニューから、[Slack プラグイン] を選択します。
    ダイアログ ボックスが展開し、プラグイン インスタンス設定が表示されます。
  3. [インスタンス名] を入力します。
  4. [接続カウント] の値を入力します。
    接続カウントは、 vRealize Operations Cloud で開くことを許可される接続のノードあたりの最大数を表します。
  5. 指定したパス、認証情報、権限を確認するには、[テスト] をクリックします。
  6. [保存] をクリックします。

結果

Slack プラグインのインスタンスが構成され、実行中になります。

次のタスク

プラグインが追加されたら、さまざまな Slack チャンネルについて通知を構成します。