エンタープライズ環境内のオブジェクトは、その環境内の他のオブジェクトに関係があります。オブジェクトは、より大きいオブジェクトの一部である場合と、より小さいコンポーネント オブジェクトなどで構成される場合のいずれか、または両方です。

オブジェクト関係の仕組み

vRealize Operations Cloud で親オブジェクトを選択すると、関連する子オブジェクトがすべて表示されます。子オブジェクトを削除することも、環境内のオブジェクトのリストから子オブジェクトをさらに追加することもできます。

オブジェクト関係を確認できる場所

[ホーム] ページで、[管理] を選択します。次に、左側のペインで [構成] > [オブジェクトの関係] を選択します。

[オブジェクト関係ワークスペース] のオプション

  • 中央のペインの 2 つの列には、既存の親子関係が表示されます。親オブジェクトを選択するには、左側の列の上にあるオブジェクト タグ オプションを使用します。
  • 右側のペインの 2 つの列には、環境内のオブジェクトが表示されます。子として追加するオブジェクトを選択するには、右側の列の上にあるオブジェクト タグ オプションを使用します。
表 1. オブジェクト タグ オプション
オプション 説明
すべて折りたたむ。 すべてのタグ グループの選択を閉じます。
すべて選択解除。 タグは選択解除するまで選択されたままになります。このオプションを使用して、すべてのタグを選択解除します。

親オブジェクトに子が存在する場合、親の選択には子オブジェクトと子オブジェクト オプションがアクティブであることが示されます。

表 2. [子オブジェクト] のオプション
オプション 説明
選択のクリア。 子オブジェクト選択をすべてクリアします。
すべて選択。 子オブジェクトをすべて選択します。関係からほとんどの子オブジェクトを削除するには、このオプションを使用し、続いて削除しない子オブジェクトをクリックします。
関係から選択した子を削除。 関係から選択した子を削除します。
関係からすべての子を削除。 ページに表示されているすべての子を選択し、それらを関係から削除します。
ページあたり。 ページあたりに表示する子の数。
検索。 フィルタ オプションでフィルタと一致するオブジェクトにリストを限定します。フィルタ オプションには、ID、名前、説明、メンテナンス スケジュール、アダプタ タイプ、オブジェクト タイプ、識別子が含まれます。

子として追加するオブジェクトを管理するには、リスト オプションを使用します。

表 3. [リスト] のオプション
オプション 説明
選択のクリア。 すべてのオブジェクトの選択をクリアします。
すべて選択。 表示されているすべてのオブジェクトを選択します。
すべてのオブジェクトを親に追加。 ページに表示されているすべての子を選択し、それらを親に追加します。
ページあたり。 ページあたりに表示するオブジェクトの数。
検索。 フィルタ オプションでフィルタと一致するオブジェクトにリストを限定します。フィルタ オプションには、ID、名前、説明、メンテナンス スケジュール、アダプタ タイプ、オブジェクト タイプ、識別子が含まれます。