REST プラグインを追加すると、vRealize Operations Cloud のアラートを、そのメッセージを受け入れるための REST Web サービスが構築された別の REST 対応アプリケーションに送信できます。または、クラウド プロキシを使用して通信することもできます。

REST プラグインは統合の有効化をサポートしますが、統合は提供しません。ターゲットのアプリケーションによっては、REST アラート出力に含まれるアラートおよびオブジェクト識別子をターゲットのアプリケーションの識別子に関連付ける、REST 中継サービスなどのメカニズムが必要になる場合があります。

ターゲット アプリケーションに配信するコンテンツ タイプを特定します。application/json を選択した場合、送信される POST または PUT 呼び出しの本文は次のような形式があります。これにはサンプル データが含まれます。
{
   "startDate":1369757346267,
   "criticality":"ALERT_CRITICALITY_LEVEL_WARNING",
   "Risk":4.0,
   "resourceId":"sample-object-uuid",
   "alertId":"sample-alert-uuid",
   "status":"ACTIVE",
   "subType":"ALERT_SUBTYPE_AVAILABILITY_PROBLEM",
   "cancelDate":1369757346267,
   "resourceKind":"sample-object-type",
   "alertName":"Invalid IP Address for connected Leaf Switch",
   "attributeKeyID":5325,
   "Efficiency":1.0,
   "adapterKind":"sample-adapter-type",
   "Health":1.0,
   "type":"ALERT_TYPE_APPLICATION_PROBLEM",
   "resourceName":"sample-object-name",
   "updateDate":1369757346267,
   "info":"sample-info"
}
application/xml を選択した場合、送信される POST または PUT 呼び出しの本文は次のような形式があります。
<alert>
  <startDate>1369757346267</startDate>
  <criticality>ALERT_CRITICALITY_LEVEL_WARNING</criticality>
  <Risk>4.0</Risk>
  <resourceId>sample-object-uuid</resourceId>
  <alertId>sample-alert-uuid</alertId>
  <status>ACTIVE</status>
  <subType>ALERT_SUBTYPE_AVAILABILITY_PROBLEM</subType>
  <cancelDate>1369757346267</cancelDate>
  <resourceKind>sample-object-type</resourceKind>
  <alertName>Invalid IP Address for connected Leaf Switch</alertName>
  <attributeKeyId>5325</attributeKeyId>
  <Efficiency>1.0</Efficiency>
  <adapterKind>sample-adapter-type</adapterKind>
  <Health>1.0</Health>
  <type>ALERT_TYPE_APPLICATION_PROBLEM</type>
  <resourceName>sample-object-name</resourceName>
  <updateDate>1369757346267</updateDate>
  <info>sample-info</info>
</alert>
注: アラートがメトリック以外の違反によってトリガされた場合、 attributeKeyID は REST 出力から省略され、送信されません。

JSON または XML の要求が POST として処理された場合、Web サービスは HTTP ステータス コード 201 を返します。これは、アラートがターゲットで正常に作成されたことを示します。要求が PUT として処理された場合は、HTTP ステータス コード 202 が返されます。これは、アラートがターゲットで正常に受け入れられたことを示します。

前提条件

REST プラグインを使用して送信されるアラートが環境内でどのようにして、また環境内のどの場所で使用および処理されるかを理解し、適切な接続情報を使用できることを確認します。

手順

  1. メニューで、[管理] をクリックし、左側のペインで、[管理] をクリックします。
  2. [送信設定] をクリックし、[追加] をクリックします。
  3. [プラグイン タイプ] ドロップダウン メニューから [REST 通知プラグイン] を選択します。
    ダイアログ ボックスが展開して REST 設定が表示されます。
  4. 必要に応じて、[プロキシを使用] チェック ボックスをクリックし、[コレクタ/グループ] ドロップダウン メニューからクラウド プロキシを選択して、接続を確立します。
    注: メール サーバまたは REST サーバが AWS の外部に配置されている場合は、クラウド プロキシを使用する必要があります。
  5. [インスタンス名] を入力します。
    これは、このインスタンスを識別する名前です。このインスタンスを、後で通知ルールを構成するときに選択します。
  6. 環境に適した Rest オプションを構成します。
    オプション 説明
    URL

    アラートの送信先となる URL。この URL は HTTPS をサポートする必要があります。アラートを REST Web サーバに送信するときに、プラグインは /{alertID} を POST または PUT 呼び出しに付加します。

    ユーザー名

    ターゲットの REST システムのユーザー アカウント。

    パスワード

    ユーザー アカウントのパスワード。

    コンテンツ タイプ

    アラート出力の形式を指定します。

    • application/json。人間が解読可能なテキストとして、JavaScript Object Notation を使用してアラート データを送信します。
    • application/xml。人間およびマシンが解読可能なコンテンツである XML を使用してアラート データを送信します。
    証明書のサムプリント
    HTTP サービス用のパブリック証明書のサムプリント。SHA1 または SHA256 アルゴリズムを使用できます。
    注: 証明書サムプリントを vRealize Operations Cloud に追加する必要があります。
    接続カウント

    ターゲットの REST サーバに同時に送信されるアラートの数を制限します。この数を使用して、REST サーバが要求を処理しきれなくなるのを防ぎます。

  7. [保存] をクリックします。
  8. このプラグインの送信アラート サービスを開始するには、リスト内のインスタンスを選択し、ツールバーの [有効化] をクリックします。

結果

送信アラート用の REST プラグインのこのインスタンスが構成され、実行中になります。

次のタスク

REST プラグインを使用して環境内の REST 対応アプリケーションまたはサービスにアラートを送信する通知ルールを作成します。「ユーザー シナリオ: vRealize Operations Cloud REST アラート通知の作成」を参照してください。