vRealize Operations Cloud で会計部門のオブジェクトを全般的に監視する自分の能力に頼るのではなく、会計部門のアラートが生成されたときに E メール通知を受け取るようにするには、通知ルールを作成します。

会計アラート発生時の E メール通知の作成はオプションのプロセスですが、 vRealize Operations Cloud で現在作業していない場合でもアラートを受け取ることができます。

前提条件

手順

  1. メニューで [アラート] をクリックし、左側のペインで [構成] > [通知] の順にクリックします。
  2. 新しい通知ルールを追加するには、[追加] をクリックします。
  3. 通信オプションを構成します。
    1. [名前] テキスト ボックスに、Acct Dept VMs or Hosts Alerts のような名前を入力します。
    2. [プラグイン タイプの選択] ドロップダウン メニューで、[StandardEmailPlugin] を選択します。
    3. [インスタンスを選択] ドロップダウン メニューで、メッセージを送信するように構成された標準のE メール インスタンスを選択します。
    4. [受信者] テキスト ボックスに、自分のメール アドレスと、会計部門のアラートを担当する他の受信者のアドレスを入力します。受信者間はセミコロンで区切ります。
    5. [再度通知する] テキスト ボックスは空白のままにします。
      値を入力しない場合、E メール通知は一度だけ送信されます。このアラートはリスク アラートであり、緊急の対応を要求するのではなく、早期警告を発することを意図しています。
    送信される際の通知名と、メッセージの送信に使用される方法を構成しました。
  4. [フィルター基準] 領域で、会計アラートの通知トリガを構成します。
    1. [通知トリガ] ドロップダウン メニューで、[アラートの定義] を選択します。
    2. [アラート定義の選択] をクリックします。
    3. [Acct VM CPU early warning] を選択し、[選択] をクリックします。
  5. [保存] をクリックします。

結果

会計部門のアラート定義に従ってアラートが生成されたときに、自分と指名されたエンジニアにE メール メッセージを送信する通知ルールが作成されました。

次のタスク

アラート関連ウィジェットでダッシュボードを作成して、会計オブジェクト グループのアラートを監視できるようにします。「部門のオブジェクトを監視するためのダッシュボードの作成」を参照してください。