物理サーバのオペレーティング システムを監視するように Telegraf を構成できます。

前提条件

  • インターネットが有効になっていることを確認します。
  • PowerShell が 5.0 以降であることを確認します。
  • OpenSSL が 1.1.1 以降であることを確認します。http://slproweb.com/products/Win32OpenSSL.html からダウンロードします。

手順

  1. クラウド サービス ポータルの次の場所から更新トークンを作成します。
    ( https://console.cloud.vmware.com/csp/gateway/portal/#/users/token/generate)

    ユーザー/組織設定 >> マイ アカウント >> API トークン >> 新規 API トークンの生成

  2. クラウド プロキシからエンドポイントに Telegraf をダウンロードします。
    Invoke-RestMethod https://<cloud-proxy>/downloads/salt/telegraf.tar.gz -OutFile telegraf.zip
    注: 上記で指定した場所で <cloud-proxy> に関連するクラウド プロキシ IP アドレスを使用します。
  3. 次のコマンドを実行して証明書署名リクエストを作成します。
    openssl req -new -newkey rsa:2048 -nodes -keyout key.pem -out csr.pem -subj "/C=IN/ST=KA/L=BLR/O=VMWARE/OU=CMBU/CN=$(New-Guid)"
  4. vRealize Operations Cloud Suite API を使用して証明書に署名します。
    1. 更新トークン(手順 1)を使用してアクセス トークンを取得します。次のコマンドを実行します。
      Invoke-RestMethod 'https://console.cloud.vmware.com/csp/gateway/am/api/auth/api-tokens/authorize' `
           -Method 'POST' `
           -Headers @{"Accept" = "application/json"; "Content-Type" = "application/x-www-form-urlencoded"} `
           -Body "refresh_token=${refresh_token}"
      
    2. 次のコマンドを実行してコレクタ ID を取得します。
      Invoke-RestMethod 'https://www.mgmt.cloud.vmware.com/vrops-cloud/suite-api/api/collectors?host=<cloud-proxy>' `
          -Headers @{'Accept' = 'application/json'; 'Authorization' = "CSPToken ${access_token}"}
      
    3. 署名付き証明書と CA を ZIP ファイルとして取得します。次のコマンドを実行します。
      Invoke-RestMethod 'https://www.mgmt.cloud.vmware.com/vrops-cloud/suite-api/api/applications/clientCertificate/<cloud-proxy-id>' `
           -Method 'POST' `
          -Headers @{'Accept' = 'application/json'; 'Authorization' = "CSPToken ${access_token}"} `
           -InFile csr.pem `
           -OutFile certificate-bundle.zip
      
      注: 前の例では、クラウド プロキシ コレクタ ID を <cloud-proxy-id> として使用しています。
  5. Telegraf バイナリと署名付き証明書バンドルを抽出します。次の設定で Telegraf の構成を更新します。
    [[outputs.http]]
      url = "https://<cloud-proxy>/arc/default/metric"
      insecure_skip_verify = true
      tls_ca = "ca.cert.pem"
      tls_cert = "cert.pem"
      tls_key = "key.pem"
      data_format = "wavefront"
    
      [outputs.http.headers]
        uuid = "$(uuidgen)"
        hostname = "$(hostname)"
    
  6. Telegraf を再起動し、10 分待ってデータを取得します。

次のタスク

vRealize Operations Cloud ユーザー インターフェイスから[関連オブジェクト] > [メトリック] タブの順に選択すると、メトリックを表示できます。