クラウド プロキシとエンドポイントのハンドシェイク中に必要な前提条件を満たしていることを確認します。

以下がその前提条件です。

  • エンドポイントをホストする ESXi インスタンス、エンドポイント、およびクラウド プロキシで NTP 設定が同期していることを確認します。
  • エンドポイントがクラウド プロキシのポート 443、4505、4506 にアクセスできることを確認します。
  • 仮想マシンにエージェントをインストールするには、ゲスト操作の権限が必要です。vCenter Server アダプタが vRealize Operations Cloud で構成されている vCenter Server ユーザー アカウントには、権限 Guest operation modificationsGuest operation program executionGuest operation queries が必要です。
    注: スクリプト ベースのエージェントのインストールとアンインストールには、 Guest operation modificationsGuest operation program executionGuest operation queries の各権限は不要です。
  • アカウント権限の前提条件。詳細については、ユーザー アカウントの前提条件 を参照してください。
  • エンドポイント仮想マシンの構成要件。
    • Linux の要件

      コマンド:/bin/bash, sudo, tar, awk, curl

      パッケージ:coreutils (chmod, chown, cat), shadow-utils (useradd, groupadd, userdel, groupdel), net-tools

      スクリプト実行を許可するには、/tmp ディレクトリにマウント ポイントを構成します。

    • Windows 2012 R2 の要件

      エンドポイントをユニバーサル C ランタイムで更新する必要があります。詳細については、次のリンクを参照してください。

    • Windows の要件
      • Visual C++ のバージョンが 14 以降であることが必要です。
      • Windows OS 仮想マシンのパフォーマンス モニターを有効にする必要があります。
  • エージェントをインストールする仮想マシンで、VMware Tools がインストールされ、実行されている必要があります。サポートされている VMware Tools のバージョンについては、このリンクをクリックしてください。
  • プラグインのアクティベーションに、エンドポイント仮想マシン上のファイル(SSL 信頼用のクライアント証明書など)の場所が必要である場合は、arcuser がそれらのファイルにアクセスするための適切な読み取り権限が、その場所およびファイルに設定されている必要があります。
    注: 権限拒否ステータスがプラグインで表示される場合は、プラグインのアクティベーション時に指定したファイルの場所に対する権限を arcuser に付与してください。