[クラウド アカウント] ページから、すでにインストールされているクラウド ソリューションの表示および構成や、アダプタ インスタンスの構成ができます。

[クラウド アカウント] ページには、オプションのツールバーがあります。

[すべてのフィルタ] をクリックし、[すべて] を選択して条件を入力するか、名前、コレクタ、説明、ソリューション、またはアダプタに基づいてそれらをフィルタリングします。

[クラウド アカウント] ページには、vRealize Operations Cloud がデータを収集できるように追加および構成されたソリューションが一覧表示されます。別のアカウントを追加するには、[アカウントの追加] をクリックし、いずれかのクラウド ソリューションを選択します。詳細については、クラウド アカウントの追加を参照してください。

表 1. クラウド アカウント グリッドのオプション
オプション 説明
垂直の省略記号 ソリューションの構成を変更します。たとえば、データ収集の停止、クラウド アカウントの編集または削除、アカウントに関連するオブジェクト詳細の表示などを行います。
名前 ベンダーまたはメーカーがソリューションに付けた名前です。
ステータス ソリューションのステータスと、アダプタがデータを収集しているかどうかを示します。緑色のチェックマークと OK のテキストがステータス表示されている場合は、ソリューションがデータを収集していることを意味します。
説明 一般に、ソリューションが監視する対象またはソリューションのアダプタが接続する対象のデータ ソースを示します。
ID ソリューションを識別するバージョンとビルド番号。
ライセンス ソリューションでライセンスが必要かどうかを示します。
コレクタ ソリューションのステータスを示します。データの受信は、ソリューションがデータを収集していることを示します。

その他のソリューションの管理

その他のソリューションを追加および構成するには、その他のアカウントの追加を参照してください。