エージェントがインストールされている仮想マシン上で、アプリケーション サービスを構成できます。

手順

  1. エージェントがインストールされており、アプリケーション サービスが検出されている仮想マシンを、[エージェントの管理] タブから選択します。
  2. [サービスの管理] を選択し、[サービス名] をドロップダウン メニューから選択します。[<サービス名> エージェントの管理] ダイアログ ボックスが表示されます。
  3. デフォルトで、アクティベートされているアプリケーション サービスに関するすべてのメトリックが収集されます。
  4. アプリケーション サービスのデータ収集をアクティベートします。
  5. アプリケーション サービスの関連設定を入力します。各アプリケーションの構成の詳細については、「サポートされているアプリケーション サービスの構成」を参照してください。
  6. [保存] をクリックしてから [閉じる] をクリックします。
    星の付いたフィールドは必須です。
    [検出/設定されたサービス] 列内のアプリケーション サービスに対して表示されるステータスの詳細については、 [エージェントの管理] タブからの追加操作の「データ グリッドのオプション」という表を参照してください。

次のタスク

vRealize Operations Cloud からアプリケーション サービスを監視できます。