vRealize Operations Cloud では、送信プラグインが提供されます。このリストには、プラグインの名前と、通知設定に基づいて送信データをフィルタリングできるかどうかが示されています。

プラグインで通知ルールの構成がサポートされている場合、メッセージをターゲット システムに送信する前にフィルタリングできます。プラグインで通知がサポートされない場合、すべてのメッセージがターゲット システムに送信されます。そのメッセージをターゲット システムのアプリケーションで処理できます。

他のプラグイン オプションが含まれる他のソリューションをインストールしている場合、それらは 1 つのプラグイン オプションとして他のプラグインとともに表示されます。

メッセージとアラートが送信されるのは、プラグインが有効になっている場合のみです。

表 1. 送信プラグインの通知サポート
送信プラグイン 通知ルールの構成
自動アクション プラグイン いいえ

自動アクション プラグインはデフォルトで有効になっています。自動アクションが停止した場合は、自動アクション プラグインを選択して、必要に応じて有効化します。自動アクション プラグインを編集する場合、指定する必要があるのはインスタンス名だけです。

REST 通知プラグイン
標準のE メール プラグイン
SNMP トラップ プラグイン
Slack プラグイン
Service-Now 通知プラグイン
VMware ホスト型 E メール プラグイン いいえ

VMware ホスト型 E メール プラグインは、デフォルトで有効になっています。