仮想インフラストラクチャの管理者は、vRealize Operations Cloud を使用して、JSON または XML 形式のアラートを、そのようなメッセージを受け入れる REST Web サービスを搭載した REST 対応アプリケーションに送信する必要があります。可用性アラート タイプに影響する仮想化アラートのみをこの外部アプリケーションに送ります。その後、そのアプリケーション内で、提供された情報を使用して修正処理を開始し、アラートに示された問題に対処することができます。

送信アラート インスタンスに送信されるアラートは、通知構成によって、通知基準に一致するアラートに限定されます。

前提条件

手順

  1. メニューで [アラート] をクリックし、左側のペインで [構成] > [通知] をクリックします。
  2. 新しい通知ルールを追加するには、[追加] をクリックします。
  3. [名前] テキスト ボックスに、Virtualization Alerts for Availability のような名前を入力します。
  4. [方法] 領域のドロップダウン メニューから [REST 通知プラグイン] を選択し、構成済みの E メール プラグイン インスタンスを選択します。
  5. [通知ステータス] を設定します。通知設定を有効または無効にすることができます。通知を無効にすると、その設定のアラート通知が停止され、有効にすると、再度有効化されます。
  6. 通知トリガを構成します。
    1. [通知トリガ] ドロップダウン メニューで、[アラート タイプ] を選択します。
    2. [アラート タイプ/サブタイプを選択] をクリックし、[仮想化/ハイパーバイザー アラートの可用性] でアラート タイプまたはサブタイプを選択します。
  7. [重要度] 領域で、[警告] をクリックします。
  8. [詳細フィルタ] を展開し、[アラート ステータス]ドロップダウン メニューから、[新規] を選択します。
    この [新規] ステータスは、アラートがシステムの新しいアラートであり、更新されたものではないことを示します。
  9. [保存] をクリックします。

結果

これで、ターゲットの REST 対応システムにアラート テキストを送信する通知ルールが作成されました。構成されたアラートの影響が仮想化またはハイパーバイザーの可用性であり、アラートが警告として構成されている場合にのみ、アラートは REST プラグインを使用してターゲット インスタンスに送信されます。