vRealize Operations Cloud は、さまざまなソースからデータを取得します。データ ソースは、オブジェクトのタイプまたはオブジェクト タイプによって分類されます。vRealize Operations Cloud は、オブジェクトのメトリック データが表示される各ユーザー インターフェイスで、アイコンによってオブジェクト タイプを示します。異なるタイプのオブジェクトを視覚的に識別するには、アイコンをカスタマイズします。

オブジェクト タイプ アイコンをカスタマイズする場所

メニューで、[管理] をクリックし、左側のペインで、[構成] > [アイコン] > [オブジェクト タイプ アイコン] の順にクリックします。

表 1. オブジェクト タイプ アイコンのオプション
オプション 説明
アダプタ タイプ デフォルトでは、すべてのアダプタのアイコンが表示されます。1 つのタイプのアダプタについてのみ有効なオブジェクト タイプのサブセットを表示するには、そのアダプタ タイプを選択します。
ツールバー オプション
選択したアイコンを管理します。
  • [アップロード] を選択すると、オブジェクト タイプを一意に識別するための PNG ファイルがアップロードされます。
  • [デフォルト アイコンの割り当て] は、選択内容を元のアイコンに戻します。
検索 特定の名前が設定されたオブジェクトを検索して、表示されるオブジェクト タイプの選択範囲を絞り込みます。
オブジェクト タイプ

オブジェクトのタイプの名前。

アイコン

オブジェクトのタイプの絵による表現。