割り当てモデルは、クラスタ内またはデータストア クラスタ内のオブジェクトに割り当てられる CPU、メモリ、またはディスク容量の量を定義します。ポリシーでは、割り当てモデル要素をオンにして、オブジェクトのリソース割り当てを構成できます。

割り当てモデル要素の仕組み

割り当てモデル要素は、クラスタまたはデータストア クラスタに特定の量の CPU、メモリ、およびディスク容量リソースを割り当てたときの、キャパシティの計算方法を決定します。クラスタの 1 つのリソース コンテナまたはすべてのリソース コンテナに対して、割り当ての比率を指定できます。デマンド モデルとは異なり、割り当てモデルは、ポリシーでオンにしたときにのみキャパシティの計算に使用されます。

割り当てモデル要素は、[再利用] ページにおけるメモリおよびストレージの再利用可能なリソースにも影響を与えます。割り当てモデル要素をポリシーでオンにすると、選択したデータセンターの、リソースを再利用できる仮想マシンとスナップショットの表に、再利用可能なメモリおよびディスク容量がオーバーコミット値に基づいて表示されます。

割り当てモデル要素をオーバーライドする場所

ポリシーのワークロード分析設定を表示し、上書きするには、メニューで、[管理] をクリックし、左側のペインで [ポリシー] をクリックします。[ポリシー ライブラリ] タブをクリックし、[追加] オプションをクリックしてポリシーを追加します。横方向の省略記号をクリックし、[編集] オプションを選択してポリシーを編集します。[監視ポリシーの追加] または [監視ポリシーの編集] ワークスペースで、[分析設定] をクリックし、[すべてのオブジェクト タイプ] をクリックします。オブジェクト タイプの分析設定が右側のペインに表示されます。

割り当てモデルの横にあるロック解除アイコンをクリックして、オーバーコミット率を設定します。

表 1. ポリシーの割り当てモデル要素の設定
オプション 説明

割り当てモデルを有効にするには、オーバーコミット比率を設定してください

CPU、メモリ、またはディスク容量のオーバーコミット率を設定できます。編集するリソース コンテナの横にあるチェック ボックスをオンにし、オーバーコミット率の値を変更