アクションのリストには、アクションの名前、各アクションで変更されるオブジェクト、アクションを実行できるオブジェクト レベルが含まれています。この情報を使用して、アラートの推奨事項に従ってアクションを正しく確実に適用し、アクションが [アクション] メニューに表示されるタイミングを確認します。

アクションと変更されるオブジェクト

vRealize Operations Cloud アクションでは、管理対象の vCenter Server インスタンス内のオブジェクトを変更します。

vRealize Operations Cloud のアクションへのアクセス権をユーザーに与えると、そのユーザーは、許可されたアクションを、vRealize Operations Cloud によって管理されている任意のオブジェクトに対して実行できます。

アクションのオブジェクト レベル

さまざまなオブジェクト レベルで作業するときにアクションを利用できますが、アクションによって変更されるのは特定のオブジェクトだけです。クラスタ レベルで作業しており、[仮想マシンのパワーオン] を選択すると、アクセス権限を持つクラスタ内のすべての仮想マシンでアクションを実行できます。仮想マシン レベルで作業しているときは、選択した仮想マシンのみを利用できます。

表 1. vRealize Operations Cloud アクションで影響を受けるオブジェクト
操作 変更されたオブジェクト オブジェクト レベル
コンテナのリバランス

仮想マシン

  • データセンター
  • カスタム データセンター
アイドル状態の仮想マシンの削除

仮想マシン

  • クラスタ
  • ホスト システム
  • 仮想マシン
DRS 自動化の設定

クラスタ

  • クラスタ
仮想マシンの移動

仮想マシン

  • 仮想マシン
仮想マシンのパワーオフ

仮想マシン

  • クラスタ
  • ホスト システム
  • 仮想マシン
仮想マシンのゲスト OS のシャットダウン

仮想マシン

このアクションを実行するには、VMware Tools がインストールされ、ターゲット仮想マシン上で実行されている必要があります。

  • クラスタ
  • ホスト システム
  • 仮想マシン
仮想マシンのパワーオン

仮想マシン

  • クラスタ
  • ホスト システム
  • 仮想マシン
パワーオフ状態の仮想マシンの削除

仮想マシン

  • クラスタ
  • ホスト システム
  • 仮想マシン

仮想マシン用メモリの設定

および

パワーオフ可の仮想マシンのメモリの設定

仮想マシン

  • クラスタ
  • ホスト システム
  • 仮想マシン
仮想マシン用メモリ リソースの設定

仮想マシン

  • クラスタ
  • ホスト システム
  • 仮想マシン

仮想マシン用 CPU 数の設定

および

パワーオフ可の仮想マシンの CPU 数の設定

仮想マシン

  • クラスタ
  • ホスト システム
  • 仮想マシン
仮想マシン用 CPU リソースの設定

仮想マシン

  • クラスタ
  • ホスト システム
  • 仮想マシン

仮想マシン用 CPU 数およびメモリの設定

および

パワーオフ可の仮想マシンの CPU 数とメモリの設定

仮想マシン

  • クラスタ
  • ホスト システム
  • 仮想マシン
仮想マシンの未使用スナップショットの削除

スナップショット

  • クラスタ
  • ホスト システム
  • 仮想マシン
データストアの未使用のスナップショットの削除

スナップショット

  • クラスタ
  • データストア
  • ホスト システム
スクリプトの実行 仮想マシン
  • 仮想マシン
上位のプロセスを取得 仮想マシン
  • 仮想マシン
ゲスト ユーザー マッピングの適用 vCenter Server
  • vCenter Server
注: このアクションは廃止され、次のリリースで削除されます。
ゲスト ユーザー マッピングのクリア vCenter Server
  • vCenter Server
注: このアクションは廃止され、次のリリースで削除されます。
ゲスト ユーザー マッピングのエクスポート vCenter Server
  • vCenter Server
注: このアクションは廃止され、次のリリースで削除されます。
含まれるサービスの設定 サービス検出アダプタ インスタンス
  • サービス検出アダプタ インスタンス
注: このアクションは廃止され、次のリリースで削除されます。