事前定義されたダッシュボードまたはカスタム ダッシュボードを、URL または E メールを使用して共有することや、コードをコピーして Confluence や他の社内公式 Web ページにダッシュボードを埋め込むことで共有できます。また、特定のユーザー グループへのダッシュボードの割り当ておよび割り当て解除を行ったり、ダッシュボードの構成の詳細をエクスポートしたりすることもできます。

無認証の共有 URL を使用する場合、ユーザーは新しいブラウザ セッションでダッシュボードを開くことができます。別のセッションで vRealize Operations Cloud にすでにログインしている場合は、このダッシュボードにリダイレクトされ、そのユーザー認証の権限が適用されます。無認証の URL で目的のダッシュボードが確実に開くようにするには、ユーザーは既存のすべてのユーザー セッションからログアウトする必要があります。

URL で共有されるダッシュボードはページ内に開かれ、そこでダッシュボード内のすべてのウィジェットにアクセスし、表示されるウィジェットを同時に操作できます。ただし、無認証のダッシュボードでは、vRealize Operations Cloud のその他の領域を参照できません。

ダッシュボードの共有は、vRealize Operations Standard エディションのライセンスを持つグループにのみ適用できます。

ダッシュボードを共有するオプションにアクセスできる場所

メニューから、 [ダッシュボード] を選択します。既存のダッシュボードをクリックしてから、右上隅にある [ダッシュボードの共有] アイコンをクリックします。
表 1. [ダッシュボードの共有] ダイアログ ボックスのオプション
オプション 説明
URL 選択したダッシュボードの短縮 URL をコピーできます。
  • リンクの有効期間を [1 日間][1 週間][1 か月][3 か月]、または [無期限] に設定します。
  • [リンクのコピー] をクリックして、リンクを新しいウィンドウにコピーし、そこからダッシュボードを表示できます。
注:
  • vRealize Operations Cloud にログインしているユーザーが共有リンクを開くと、共有ダッシュボードが表示されずに、ユーザーのデフォルト ダッシュボードに移動します。
  • 以前にユーザーと共有された IP と同じ IP にユーザーがログインした場合、同じブラウザではそのページにアクセスできません。
  • ユーザーは、次の権限があることを確認してください:[ダッシュボード] > [ダッシュボード管理] > [共有 (パブリック)] の順に選択します。

以前に共有したダッシュボードの共有を停止できます。ダッシュボードの共有を停止するには、[Unshare Link] オプションをクリックし、共有を停止するダッシュボードの URL を入力し、[Unshare] をクリックします。

共有ダッシュボードを表示するのに認証は必要ありません。

E メール ダッシュボードの URL の詳細を含む E メールを、特定の個人に送信できます。
  • リンクの有効期間を [1 日間][1 週間][1 か月][3 か月]、または [無期限] に設定します。
  • SMTP インスタンスを構成します。「vRealize Operations Cloud 送信アラートの標準の E メール プラグインの追加」を参照してください。
  • メール アドレスを入力し、[E メールの送信] ボタンをクリックして、ダッシュボードの URL の詳細を含む E メールを送信します。

共有ダッシュボードを表示するのに認証は必要ありません。

Embed ダッシュボードの埋め込みコードを提供します。このコードを使用して、企業の経営幹部が日常的に使用および分析する関連の Confluence ページにダッシュボードを埋め込むことができます。
  • リンクの有効期間を [1 日間][1 週間][1 か月][3 か月]、または [無期限] に設定します。
注:
  • [テキスト] ウィジェットにダッシュボードを埋め込んだ場合、ウィジェットにはデータが表示されません。
  • vRealize Operations Cloud にログインしたのと同じブラウザから、埋め込まれたダッシュボードを含む HTML/Confluence ページを開いても、ダッシュボードはロードされません。

共有ダッシュボードを表示するのに認証は必要ありません。

グループ 特定のユーザー グループへのダッシュボードの割り当ておよび割り当て解除を行うことができます。
  • ドロップダウン メニューから、ダッシュボードへのアクセス権を付与するグループを選択し、[含む] をクリックします。複数のダッシュボードを含めることができます。
  • ダッシュボードを割り当て解除するには、ラベルから X マークを選択します。

共有ダッシュボードを表示するには、vRealize Operations Cloud にログインします。

エクスポート ダッシュボードの構成の詳細をエクスポートできます。

ダッシュボードをエクスポート/インポートするには、vRealize Operations Cloud にログインします。